【心肺停止】平川動物公園で飼育員を襲ったホワイトタイガーの画像と原因は?翌日の展示は中止になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鹿児島県鹿児島市にある平川動物公園平川動物園)で飼育員ホワイトタイガーに襲われ心肺停止となったことがわかりました。

 

飼育員を襲ったホワイトタイガーの画像原因を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




平川動物公園でホワイトタイガーが飼育員を襲い、心肺停止

鹿児島県鹿児島市にある、人気の動物園『平川動物公園』で、飼育員ホワイトタイガーに襲われ心肺停止となったという衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

閉園後の惨劇ということですが、ホワイトタイガーの展示はしばらく見送られるか中止になる可能性がありそうです。

 

 

8日夕方、鹿児島市の平川動物公園で、飼育員の男性がホワイトタイガーに襲われ病院に搬送されました。飼育員は搬送時、心肺停止の状態だったということです。

鹿児島市消防局によりますと、8日午後5時すぎ、平川動物公園から「男性職員がおりの中で動物にかまれた」と119番通報がありました。消防が駆けつけたところ、40歳の飼育員の男性がホワイトタイガーのおりの中で、首から血を流して倒れていて、病院に搬送される際、心肺停止の状態だったということです。

平川動物公園では、4頭のホワイトタイガーが飼育されていて、飼育員をかんだとみられるホワイトタイガーは、消防が到着した際、麻酔銃で眠らせていたということです。

<引用元:南日本放送>

 

 

平川動物公園は、鹿児島県鹿児島市平川町にある動物園です。

 

動物園とはいえ、園内には、昔ながらの遊園地も併設されており、地元県民だけでなく県内外からの観光客で賑わうレジャースポットでもあります。

 

 

平川動物公園はコアラとホワイトタイガーが人気の動物で、ホワイトタイガーはその希少性から常に人だかりができる動物です。

 

この状況がホワイトタイガーにストレスを与えていることも否定はできません。

 

事故は、開演時間は朝9時から夕方5時までですので、閉園直後ごろの発生と言えそうです。

 

被害にあった飼育員の性別は明らかではありませんが40歳の男性職員(飼育員)とされています。

 

飼育されているとは言え、肉食の猛獣には変わりありませんので、ホワイトタイガーについて熟知している方である可能性が高いでしょう。

 

飼育員を襲ったホワイトタイガーの画像は

 

平川動物公園では、現在、ホワイトタイガー4頭飼育されています。

 

通常展示されているホワイトタイガーが飼育員を襲った可能性があります。

 

 

スポンサーリンク




原因とホワイトタイガーの展示は?

 

速報レベルでは、10月9日以降の展示については明らかにされていません。

 

また、心肺停止の飼育員についても容体は明らかにされていません

 

発見された当時、その飼育員は首から血を流していたということですので、首〜頭部を噛み付かれた可能性があります。

頚椎(首の骨)は人間だけでなくあらゆる動物の急所でありますので、飼育員の容体は予断を許さない状況であります。

 

仮にアクシデントだとしても、人を襲うという惨劇が発生してしまった以上、ホワイトタイガーの展示が見送られる、または中止になっても何ら不思議ではありません。

最悪の場合、考えたくはありませんが殺処分も検討される可能性は否定できません。

 

なんとも複雑な気持ちにさせられます。

 

ホワイトタイガーが興奮状態だったのか、飼育員がホワイトタイガーを刺激するような行動を取ってしまったのか、原因究明は困難かもしれません。

 

いずれにしても原因究明と再発防止が求められます。

 

【追記】


飼育員の男性の死亡が確認されました。

動物園自体は開演予定ですが、ホワイトタイガーの展示については明らかにされていません。

 

飼育員男性のご冥福をお祈りします。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!