【近畿大学総社】須佐見憲史教授がひき逃げされた場所と家族(妻・子供)の画像は?早朝散歩に出かけていた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近畿大学須佐見憲史教授が、ひき逃げされ死亡するというショッキングなニュースが報じられました。

 
須佐見憲史教授の経歴や、家族(妻・子供)、事故にあった場所を確認します。
 

 

 

スポンサーリンク




須佐見憲史教授がひき逃げされ死亡


 

 
近畿大学で教壇に立っている、須佐見憲史教授が、ひき逃げ事件に遭い、死亡するというショッキングなニュースが入ってきました。
 

 
現場の状況から、早朝に須佐見憲史教授が散歩やウォーキングなどしていたのでしょうか。
 

 

10日午前4時10分ごろ、京都府精華町乾谷の国道163号で、道路上に男性が倒れていると通行人から110番があった。京都府警木津署によると、男性は同町桜が丘の近畿大学教授、須佐見憲史さん(59)。病院へ運ばれたが、死亡が確認された。同署はひき逃げ事件として捜査している。

同署によると、現場は交差点のそばの片側1車線の道路で、須佐見さんは横断歩道近くの車道に倒れていた。

近大によると、須佐見さんは総合社会学部で知覚心理学を指導していたという。

<引用元:産経新聞>

 

 
ひき逃げの犯人は、まだ捕まっておらず、画像や特徴などもまだ明らかになっていません。
 

 
警察の調べが待たれます。
 

 

ひき逃げ事件が起きた場所と画像は?

 

 
記事によれば、教授が事故に遭い倒れていたのは、京都府精華町乾谷の国道163号とされています。
 
また、MBSニュースによれば、乾谷西交差点から西側に約10メートルの位置に倒れていたようです。
 

 
まだ暗い、早朝ですのでひき逃げした犯人が前方不注意だった可能性はたかそうです。
 

 

 

 

スポンサーリンク




須佐見憲史教授の経歴や家族(妻・子供)は?

 

 

  • 名前:須佐見憲史 すさみけんじ
  • 職業:近畿大学教授
  • 所属:総合社会学部 心理系専攻 / 総合文化研究科
  • 学位:博士
  • 専門:知覚心理学

 
須佐見憲史教授は、

1. 心理学, 実験心理学
2. 情報学, ヒューマンインターフェース・インタラクション
3. 情報学, 認知科学
4. 神経科学, 神経生理学・神経科学一般
5. 基礎医学, 生理学一般

 
を研究分野とし、大学のホームページでは、
 

 

3次元空間や立体映像に対する視覚応答、ニオイを嗅いだ時の感覚応答を研究しています。特に、自分に近づいてくる物体の知覚(奥行き運動知覚)や、ニオイの検出・情報処理過程を調べています。

 

 
と紹介されています。
 
全国、そして世界に向けた論文や講演もされているようで、今回の事故は大学としても大きな財産を失ったと言えるでしょう。
 

 
教授とはいえ、一般の方ですので、家族(妻・子供)については公開されておらず不明です。
 

 
年齢的には子供や、もしかしたら孫がいてもおかしくはありません。
 

 
ツイッターユーザーの中には近畿大学の学生やOBと思われる方々のツイートが多く確認できます。
 
「総社」の教授のニュースとして、驚きを隠せないようです。
 

 


 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!