【デビュー】松井玲奈の小説家としての年収はいくら?書評現代では読み解く実力も好評だがしばらくは二束のわらじか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優の松井玲奈さんが、小説家デビューすることが発表されました。

 

気になる松井玲奈さんの小説家としての収入(年収)やこれまでの執筆活動を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




松井玲奈が小説化デビュー

元SKE48で、現在は女優として活躍する松井玲奈さんが小説化デビューすることが発表されました。

 

アイドルとしてもトップクラスの人気を誇っていた松井玲奈さん。

 

最近は、劇場版仮面ライダービルドへの出演や、NHKの朝ドラ「まんぷく」への出演など、女優業も波に乗ってきたところでの小説化デビューということで、多才ぶりが発揮されそうです。

 

女優の松井玲奈(27)が、自身初の短編小説『拭っても、拭っても』を執筆し、集英社の文芸誌『小説すばる』11月号(17日発売)で小説家デビューすることが12日、わかった。松井は「頭の中にある映像を言葉で人に伝えるのは、とてもエネルギーのいる作業でしたが、どこかで物語の続きを考えて遊んでいた子供の頃を思い出して楽しんでいる自分がいました。書き続けることで、自分の新しい感性に出会える予感がしています」と小説家としての活動に胸を高鳴らせている。

松井は放送中の朝ドラ『まんぷく』にレギュラー出演するなど女優として活躍する傍ら、幼少期から読書好きで小説誌への書評の寄稿や有名作家の文庫解説など、これまでもさまざまな文筆活動を重ねてきた。そして今回、ついに小説家としての活動もスタートさせる。

デビュー作は、広告代理店に務めるアラサー女性・ユリが主人公。半年ほど前まで変わった癖(へき)を持つ男性と付き合っており、理不尽にフラれたことが心の傷になっていたが、小さな、しかし確かな希望を持って前を向くまでの物語がユーモラスかつ切実に、瑞々しい筆致で描かれる。

20日発売の読書情報誌『青春と読書』11月号では、はじめての小説執筆に関する松井のエッセイも掲載。自身の幼少期の思い出から始まり、小説のテーマを考えたプロセスなどをつづっている。

『拭っても、拭っても』の試し読みは、17日午前10時に『小説すばる』公式サイト【http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/trialread/930/】に掲載。松井は今後も同誌で執筆する予定となっている。

<引用元:オリコンニュース>

 

松井玲奈さんといえば、幼少期から、アニメや漫画といった、いわゆるオタク系の生活をしていたことを過去に明かしています。

 

もちろん漫画と小説は異なりますが、SKE48を卒業してからは執筆に関する活動(後述)もしていたので、本人としても小説化デビューは念願がかなった形と言えそうです。

 

小説家の年収は?

 

小説家デビューということで、気になるのは松井玲奈さんの収入年収です。

 

もちろん小説家1本にしたわけではないので、これまでどおりタレント活動や女優活動をしながら執筆をしていくことになりそうです。

 

小説家はピンからキリまで、多く存在しますが、小説家としてだけで生活していけるのは一握りと言われています。

 

作家という大きなジャンルでは、年収は300~400万円前後といわれています。

一般的なサラリーマンと同等ですので、芸能人として活動する松井玲奈さんには物足りない年収と言えます。

 

小説の市場は、昔から大きくは変動していませんので、小説家としての実力、人気を伴えば、やがて年収500万円、1000万円と収入は見込めます。

 

他の小説家と異なり、松井玲奈さんには知名度というアドバンテージがありますので、出版数を増やしていけば比較的近い将来売れっ子小説家の仲間入りをすることができるかもしれません。

 

ただしばらくは、芸能活動を続けながら二束のわらじ状態が続きそうです。

 

スポンサーリンク




これまでの執筆活動は?

 

松井玲奈さんは、執筆自体はこれまでもいくつか行っています。

 

2017年に東京・中野 劇場MOMOで公演された『あのさ、生まれ変わったら』では脚本を担当しています。

 

 

 

また、2013年から2016年には、雑誌・週刊SPA!で「ひとりぼっちの映画祭」「松井玲奈の ひとりでできんもん!?」の連載や、小説現代で書評現代を現在も執筆継続しています。

 

 

このツイートでは、松井玲奈さんが書籍の内容をきちんとよみといていることが明かされており、執筆だけでなく書評も好評なことが伺えます。

 

特に小説現代での執筆が今回の小説家デビューの大きなきっかけになったのではないでしょうか。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!