【虐待】赤阪友昭(フリーカメラマン)の家族(妻・子供)顔画像は?週末のイベントは中止か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪市で、フリーカメラマン赤阪友昭容疑者が生後2ヶ月の子供長男)に対し重傷を負わせたとして逮捕されました。
 
日常的に虐待が行われていたのか、赤阪友昭容疑者の顔画像家族子供)について確認します。
 

 

スポンサーリンク




赤阪友昭容疑者が生後2ヶ月の長男に重傷を負わせ逮捕


 

 
大阪市で、生後2ヶ月の長男に対し、何らかの方法で急性硬膜下血腫の重傷を負わせたとして父親が逮捕されました。
 

 
逮捕されたのはフリーカメラマンとして活動する、赤阪友昭容疑者で、黙秘しているということです。
 

 
何かやましい気持ちが先立って黙秘している可能性がありそうです。
 

 

 

大阪府警捜査1課は16日、生後2カ月の長男に重傷を負わせたとして、傷害の疑いで、大阪市福島区鷺洲、フリーカメラマン赤阪友昭容疑者(54)を逮捕した。捜査1課によると、黙秘している。

 逮捕容疑は昨年11月13日午後8時半から午後9時ごろまでの間、当時住んでいた福島区の自宅で、長男優雨ちゃんに何らかの方法で頭部に衝撃を与え、急性硬膜下血腫などの重傷を負わせた疑い。

 捜査1課によると、赤阪容疑者は医療機関などに対し「背中をとんとんとたたいていたら、急にけいれんを起こした」などと説明。複数の医師が、内因性の疾患がないことなどから、虐待によるけがと判断した。

<引用元: 共同通信>

 

 
赤阪友昭容疑者は公式サイトによると、1996年からフリーカメラマンとして活動を開始しているようで、始まりはモンゴルでの遊牧生活及びアラスカ先住民の村での暮らしの撮影だったようです。

これまでに、

雑誌『Coyote』掲載

プラネタリウムの番組制作

国立民族学博物館での特別企画写真展

国際文化交流イベントなどの総合プロデュース

と、幅広く活動しています。

現在は日本各地を訪れ、山や森の残された原初の信仰、縄文文化や祭祀を撮影・取材しているとのこと。

また、トークショーなども時々行なっており、ファンも多いようです。
 

 

 

 

赤阪友昭容疑者の顔画像は?

 

 
逮捕された赤阪友昭容疑者の顔画像はこちらです。
 

 


 


 

 

 
画像にもあるように映画監督もされており、そのイベントにも出演されていたようです。
 

 
また、10月20日にはトークイベントを控えていたことをうかがわせるツイートも確認できます。
 

 


 

 
このトークイベントは赤阪友昭容疑者の逮捕により中止または1部内容変更される事は言うまでもありません。
 

 

スポンサーリンク




赤阪友昭容疑者の家族(妻・子供)は?

 

 

 
赤阪友昭容疑者は現在54歳の年齢ながら、生後2ヶ月の長男と言うのは驚きです。
 

 
歳の差のある妻が入る可能性があります。
 

 
大阪府警によると、
 

 

赤阪容疑者は妻(44)と長女(4)、長男の4人暮らし。当時、妻は別室で寝ており、赤阪容疑者が長男の世話をしていた。「息子が意識もうろうとしている」と自ら119番。医師に対し、「喉が詰まったので、背中を強くたたいた」と説明したという。後遺症が残る可能性がある。

 

 

 
とのことです。
 

 
幼い長男の重傷に妻や長女も悲しみのどん底かもしれません。
 

 
また、妻や子供の画像は確認することができません。
 

 
今後、新たな情報を待ちたいと思います。
 
トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!