【訃報】穂積隆信(積木くずし作者)死去。現在の家族(妻・子供)画像は?娘・由香里は多臓器不全ですでに他界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

積木くずし』作者・穂積隆信さんが、死去したことが発表されました。

 

穂積隆信さんの死因家族子供)の現在の画像や、積木くずしのモデルとなった娘・由香里さんについて確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




作家・俳優の穂積隆信の死因は?


作家で俳優の穂積隆信さんが死去したという訃報が入ってきました。

 

非行娘との生活を描いた『積木くずし』は社会現象ともいえる当時の世間に大きな印象をのこし、テレビドラマ化もされました。

 

 

非行に走った実娘との日々を描いたノンフィクション「積木くずし~親と子の二百日戦争~」(桐原書店)の著者で、俳優の穂積隆信(ほづみ・たかのぶ、本名・鈴木隆信=すずき・たかのぶ)さんが19日未明、胆のうがんのため神奈川県内の病院で亡くなったことが分かった。87歳だった。所属事務所が明らかにした。

所属事務所によると、体調を崩し8月に病院に行ったところ、黄だんの症状が出て、胆のうがんであることが判明、入院していた。穂積さんは生前、「(遺体は)献体に回してほしい」と希望していたという。葬儀・告別式は未定。

静岡県出身。1953年に俳優座養成所を卒業し、59年に「にあんちゃん」で映画デビュー。悪役やとぼけた役もこなすバイプレーヤーとして映画、ドラマに出演し、洋画の吹き替えでも活躍した。近年も定期的に活動しており、今年2月には東京・三越劇場での舞台にも出演していた。

1982年、当時中学生だった実娘の由香里さん(03年死去、享年35)が不良少女となり、非行から立ち直らせるまでの葛藤の日々を描いた「積木くずし―」は280万部の大ベストセラーに。当時深刻な問題となっていた10代の非行に一石を投じる作品となった。翌年にはTBS系で連続ドラマ化され、穂積さん役を前田吟(74)が、由香里さん役を高部知子(51)が演じ、最終回の視聴率は45・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同年11月に映画化もされ、社会現象となった。

「積木くずし」は続編も執筆され、穂積さんも教育評論家として一躍時の人となったが、金銭トラブルなどで多額の負債を抱え、妻とも87年に離婚。93年に再婚した。穂積さんは2012年に、後日談を含めた「積木くずし 最終章」を執筆。同11月にフジテレビ系でスペシャルドラマ化された際には穂積さん本人も特別出演していた。

<引用元:スポーツ報知>

 

 

報じられている通り、死因は胆嚢がんとされています。

8月に病院に行った際の黄だんがその典型的な症状の一つです。

 

後述しますが、娘・由香里さんとの日々に神経や時間をすり減らしてきた頃を思うと、ゆっくり休んでもらいたいという気持ちがあふれてきます。

 

積木くずしは、1982年にテレビドラマ化され、穂積隆信さん役を前田吟さん、由香里役を高部知子さんが演じ、社会現象ともなりました。

 

現在までに、前田吟さん、高部知子さんからのコメントは出ていません。

 

 

 

娘・由香里さんはすでに他界

 

上記記事にもありますが、積木くずしのモデルとなった非行に走った実娘・由香里さんは2003年にすでに他界しています。

 

1983年に、トルエン所持による毒物及び劇物取締法違反、覚せい剤取締法違反でも2度逮捕されており、その非行ぶりが伺えます。

 

19歳当時の由香里さん

 

 

しかし、1986年位は穂積由香里の芸名で女優デビューしますが、人気に火がつかず、女優・タレントとしては目が出ないままフェードアウトしていきます。

 

 

出版した写真集

 

 

プライベートでは、アメリカ留学中に結婚をしますが、長くは続かず離婚

 

後述の父の再婚相手との同居をすることになります。

もともと持病を抱えていたうえ、20代から腎不全を患っており、多臓器不全にて35歳の若さで自宅マンションで亡くなっています。

 

穂積隆信さんが由香里さんと対面したのは火葬場だったということで、本当に試練や辛いことが多かった親子だなと胸が痛みます。

 

 

スポンサーリンク




穂積隆信の残された家族(妻・子供)は?

 

穂積隆信さんは2度結婚をしています。

 

最初の妻は、美千子さんで、美千子さんとの間に上述の娘・由香里さんが生まれています。

 

詳細は不明ですが1987年に離婚し、1993年に玲子さんと再婚

現在までに玲子さんとの間に子供がいるかは不明です。後述のsato ikuko(さとういくこ)さんという方は年齢的には美千子さんとの間の子供かもしれません。(詳しい方ご教授下さい)

 

 

美千子さんは、2001年に自宅で自殺していることがわかっています。離婚後の生活がうまくいかなかったのでしょうか、自殺の原因は不明です。

2003年には由香里さんも亡くなっているので、短期間に立て続けに元妻・娘を亡くしていることになります。

美千子さんと玲子さんの画像公開されていないようです。

 

再婚した玲子さんは2010年に脳梗塞で倒れ、以来穂積隆信さんが介護を続けてきたと言います。

介護に忙しく、自身の健康に当てる時間もあまり取れなかった可能性もあるかもしれません。

玲子さんもすでに亡くなっており、インスタグラムではsatoikukoさんという女性が最近の穂積隆信さんの様子を多く公開していました。

 

父と紹介していますので、玲子さんとの間の娘さんである可能性がありそうです。

 

View this post on Instagram

冗談じゃないくらい 生きて下さい #穂積隆信

Ikuko Satoさん(@sugarikuko)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

ゴミもきちんと出して 洗濯も出来たと電話があった😊 #穂積隆信

Ikuko Satoさん(@sugarikuko)がシェアした投稿 –

 

激動の人生だった穂積隆信さんのご冥福をお祈りします。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!