【山陽新幹線】姫路駅(ホームドア無し)で人身事故発生!男性の身元と現場画像。『運転士さん疲れてる』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山陽新幹線姫路駅で男性がのぞみ180号にはねられる人身事故が発生しました。

 

はねられた男性の名前や画像(身元)、場所(現場)の画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




山陽新幹線姫路駅で人身事故発生、男性が死亡


山陽新幹線の東京発福岡行きののぞみ180号で、姫路駅で男性を跳ねる人身事故が発生しました。

 

新幹線の乗客1000人にはけがはなかったようですが、この影響で大きなダイヤの乱れも発生しました。

 

 

19日午後5時25分ごろ、兵庫県姫路市の山陽新幹線姫路駅で、男性が通過中の博多発東京行きのぞみ180号にはねられた。兵庫県警姫路署によると、現場で男性の死亡が確認された。乗客約千人にけがはなかった。

JR西日本とJR東海によると、この事故の影響で山陽新幹線は、新大阪-博多間の上下線で運転を見合わせ。東海道新幹線も東京-新大阪間で運転を見合わせた。

同署などによると、駅の防犯カメラには、のぞみが同駅を通過する直前、男性がホームから飛び降り、線路上に立つ姿が写っていたという。同署は男性が自殺を図った可能性もあるとみて身元確認を進めている。

<引用元:産経新聞>

 

 

毎週のように数件の人身事故のニュースが飛び込んできますが、新幹線の人身事故は多くはありません。

 

駅のホームに転落防止扉(ホームドア)が設けられているケースが多いためもあります。

しかし、今回事故が発生した姫路駅はホームドアがないため線路内に侵入しやすかったことも原因の一つとして考える必要がありそうです。

 

人身事故の原因は自殺?男性の名前や顔画像は?

 

新幹線のぞみ180号にはねられたのは、男性とされています。

 

この男性の身元はまだわかっておらず、名前や顔画像は明らかにされていません。

 

上記記事の通り、事故の原因は現在警察が調べていますが、

 

 

のぞみが同駅を通過する直前、男性がホームから飛び降り、線路上に立つ姿が写っていた

 

とされており、男性が新幹線が接近してきたタイミングを見計らって線路内に飛び降りた自殺の可能性が強まっています。

 

この団背の年齢は不明ですが、最近は自殺者の若年化もあり、仕事のストレスを抱えた社会人だけでなく、学校や家庭に居場所をなくした学生や子供の可能性も否定できません。

 

どんな理由にせよ、自ら命を絶たなければならなかったことは残念でなりません。

 

 

スポンサーリンク




事故現場の様子や画像は?

 

事故が起きたのは姫路駅のホームとされています。


 

姫路駅に居合わせた方々や新幹線に乗っていたツイッターユーザーが、現場の様子をツイートしています。

 

 

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 元JR西日本職員 より:

    山陽新幹線に踏切はない

コメントを残す

*

error: Content is protected !!