【埼玉県滑川町】白骨化乳児2遺体が発見された民家の場所画像は?発見者の孫の可能性。15年以上前から放置されていたか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 埼玉県滑川町の民家で、白骨化した乳児2人の遺体が発見されるというショッキングな事件が明らかになりました。

 

発見された場所画像、乳児の身元は病死した娘の子供なのか確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




埼玉県滑川町で白骨化した乳児2遺体

 

埼玉県滑川町の民家から、白骨化した乳児2人の遺体が発見される死体遺棄事件が発生しました。

 

発見した住人の娘が使用していた部屋ということで、娘が出産した子供の可能性がありそうです。

 

 

埼玉県滑川町の民家の押し入れから白骨化した赤ちゃん2人の遺体が見つかった。

警察によると19日、埼玉県滑川町の民家に住む女性から「引っ越しをしようと片付けをしていたら赤ん坊の遺体が出てきた」と通報があった。

警察官が駆けつけたところ、2階の押し入れから、タオルにくるまれ白骨化した赤ちゃん1人の遺体が見つかり、その後、もう1人、白骨化した赤ちゃんの遺体が見つかったという。赤ちゃんはいずれも生後数か月ほどとみられている。

遺体が見つかった部屋には、15年ほど前まで女性の長女が住んでいたが、今年6月に亡くなっていた。

警察は、この長女が関与した可能性があるとみて、死体遺棄事件として捜査している。

<引用元:日テレニュース24>

 

娘は6月に42歳の若さで亡くなっています。

ただ、娘が使用していたのは、15年ほど前までということで、15年間放置されていたのか、それとも最近娘が遺体をこの部屋に運んだのか、いずれかの可能性が考えられそうです。

 

引越し作業の途中での発見ということで、発見した住人もショックを隠せないでしょう。

 

 

発見された民家の場所と画像は?


発見されたのは埼玉県滑川町の民家とされています。

 

 

上記の場所が該当しますが、詳細な場所については明らかではありません。

 

しかし、テレビニュースではすでに民家の映像や画像が公開されています。

 

民家の映像 

 

 

 

スポンサーリンク




乳児の身元は娘の子供?

 

発見された乳児の遺体は現在警察が調べを進めており、現在までに身元は明らかになっていません。

 

仮にすでに死亡している42歳娘の子供だとすれば、遺体を発見した女性(夫婦)の孫である可能性があります。

 

娘が結婚していたのかは不明ですが、何か理由があり一人で出産した可能性や、出産後死なせてしまったことを隠していた可能性など考えられそうです。

 

15年間娘の部屋に置かれたままだったのかも気になりますが、孫であればこのような対面ほど発見者にとって悲しいことはないでしょう。

 

事件の解明を望みます。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!