【訃報】江波杏子が死去。最近の画像や家族(夫・子供)画像は?死因は長年のタバコで肺がボロボロになっていた可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優の江波杏子さんが、肺気腫の急性増悪で死去したという突然の訃報が飛び込んできました。

 

最近の画像死因、江波杏子さんの家族子供)について確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




江波杏子が肺気腫の急性増悪で急逝


また一人、昭和の名女優が亡くなられました。

 

映画やドラマ、舞台と幅広く活躍された女優の江波杏子さんが、肺気腫急性増悪死去していたことが明らかになりました。

 

本人の遺志により、本日まで公表を伏せていたと言うことです。

 

 

映画「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで知られる女優の江波杏子さんが、先月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなったことが2日、分かった。76歳だった。所属事務所が公式サイトで明かした。また報道各社にFAXで発表した。

公式サイトによると、江波さんは22日までNHKのラジオドラマの収録をしていたが、26日に体調不良を訴え、都内の病院に緊急入院。回復することなく、27日午後9時6分に息を引き取ったという。この日、近親者のみで密葬が営まれた。公表は密葬後にしてほしい、という故人の遺志により、この日の発表となった。

所属事務所は「肺気腫は長年患っておりましたが、日常生活には差し障りなく女優業に励んでおりました。11月以降から来年にかけて、いくつかのドラマのオファーにもお引き受けすべく、私共スタッフとミーティングも重ねておりました」と説明。江波さんは最近でも2016年10月~17年3月に放送されたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にジャズ喫茶の女主人役で出演するなど活躍を続けていた。

所属事務所は公式サイトのメッセージを「江波杏子は私たちに別れを告げましたが、数々の映画、ドラマの中に生き続けています。皆様のお心の裡、記憶の中にも生き続けてくださることを祈っております」と結んでいる。

<引用元:スポーツ報知>

 

 

本名: 野平 香純(のひら かすみ)
生年月日 :1942年10月15日
出身地:東京都渋谷区千駄ヶ谷
血液型 A型
職業 女優

 

江波杏子さんは、母親が女優・江波和子、曽祖父が最後に沖田総司を匿った植木職人の柴田平五郎という、著名な家系に生まれていらっしゃいます。

 

母・江波和子さんを幼い頃に亡くしており、母の遺志を継ぐべく女優になったという逸話が残っています。

 

今日まで女優を貫き通したことに、天国のお母様も喜んで誇らしくいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

最近では2016年のNHKの朝ドラ『べっぴんさん』で大村すず役で出演していましたので、若い世代の方でもお顔を知っている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

最近の画像は?

 

上記記事の通り、10月22日まで仕事をしていらっしゃいました。

 

最後の仕事は、NHKのラジオドラマの収録だとされています。

 

26日に体調不良を訴え27日に亡くなっていますので、本当に突然の死であった事がわかります。

 

若い頃より、酒豪で愛煙家であったことが知られていますので、長年の喫煙タバコ)が江波杏子さんの肺を蝕んでいたことは言うまでもありません。

 

 

また、酒豪であったことを考えると、肝臓の機能も落ちていた可能性もあり、満身創痍だったのかもしれません。

 

 

最後のテレビドラマ出演は、2018年「限界団地」東加代子役です。

そのときの画像がこちらです。

 

 

 

スポンサーリンク




江波杏子の家族(夫・子供)は?

 

江波杏子さんは独身であったため、家族となる夫や子供はいらっしゃいません

 

 

かつて唯一関係が噂されたのは、萩原健一さんですが、後にも先にも浮いた話は出てこなかったとされています。

 

 

密葬した遺族はご兄弟か、ご親戚である可能性が高そうです。

 

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!