【逮捕】佐野史彦(横須賀市教育委員会)の顔画像や家族は?供述が真実なら冤罪、2度下半身触れ御用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

横須賀氏教育委員会職員・佐野史彦容疑者が、女子高生に対し痴漢行為で逮捕されました。

 

佐野史彦容疑者の顔画像や家族、痴漢なのか冤罪なのかを確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




横須賀市教育委員会・佐野史彦容疑者が痴漢で逮捕

 

朝の混雑する電車内での痴漢で逮捕です。

 

横須賀市教育委員会に勤務する佐野史彦容疑者が、女子高生の下半身を2度触り、逮捕されました。

 

 

女子高校生に痴漢をしたとして、神奈川県警金沢署は2日、同県迷惑行為防止条例違反容疑で、同県横須賀市教育委員会職員の佐野史彦容疑者(35)を逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は同日午前7時55分ごろから同8時ごろまでの間、京急線上大岡駅-金沢文庫駅間を走行中の電車内で、横浜市戸塚区に住む私立高校3年の女子生徒(18)の下半身をスカートの上から触ったとしている。

同署によると、犯行時、佐野容疑者は通勤途中だったとみられ、電車内は利用客で混雑していた。女子生徒は初めに相手の手が尻に触れたことについて故意か偶然か判断しかねたが、再び触られたため、痴漢と確信。佐野容疑者の手をつかんだところで電車が金沢文庫駅に到着し、同じ私立高校に通う男子生徒が協力して駅員に引き渡して、駅員の110番通報で駆けつけた同署員が身柄を確保した。

佐野容疑者は取り調べに対して「結果として触れてしまったけれど、触るつもりはなかった」などと供述しているという。

<引用元:産経新聞>

 

この女子高生の判断は非常に冷静で落ち着いているように感じます。

 

たった一回でも触れれば、痴漢とされてしまいかねない状況で、偶然の可能性をしっかり考えています。

 

後述しますが、佐野史彦容疑者は自身の身を守るためにも誤解を招きそうなことは避けるべきだったのではないでしょうか。

 

 

佐野史彦容疑者の顔画像や家族は?

 

逮捕された佐野史彦容疑者は横須賀市教育委員会・保健体育課に勤務する35歳です。

 

 

子供の健全な育成や教育をつかさどる機関に勤務する人間の行為とは信じがたい行為です。

 

 

佐野史彦容疑者は、
 

「結果として触れてしまったけれど、触るつもりはなかった」

 

としていますが、触れてしまったことを認識しているなら手の位置を変えるなり自身の身を守る行為が必要だったのではないでしょうか。

 

 

フェイスブックで同名の検索をしてみても、明らかに今回の容疑者と思われるアカウントや顔画像は確認できません。

また、家族についても不明ですが、年齢的には結婚し、妻や子供がいてもおかしくありません。

 

今後のニュース映像での公開を待つしかなさそうです。

 

スポンサーリンク




供述が真実なら冤罪?

 

痴漢による逮捕で、心配されるのが冤罪です。

 

アクシデントで体に触れてしまったことや、被害者の思い込みや勘違いが、痴漢となってしまうケースです。

 

佐野史彦容疑者の供述が真実であれば、容疑者は痴漢をする意図は無かったと言うことになります。

 

しかし、一度は女子高生もスルーしており、冷静な判断をしているため、佐野史彦容疑者の供述が真実だとしても分が悪い状況と言えそうです。

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!