【ツイート】元プロレスラー・森嶋猛は暴行原因は直前に飲酒(焼酎)?復帰戦中止で気分が落ちていた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元プロレスリング・ノア所属のプロレスラー森嶋猛容疑者がタクシー運転手に暴行逮捕されたことが話題となっています。

 

暴行前に、原因となる飲酒し酔っていたこと、酒癖が悪かったことを示唆するツイートも確認できます。

 

 

 

スポンサーリンク




プロレスラー・森嶋猛が暴行容疑で逮捕


元プロレスリング・ノア所属の人気プロレスラー・森嶋猛さんが、タクシー運転手に暴行したとして逮捕されました。

 

森嶋猛さんは、全日本プロレスから三沢光晴さん率いるプロレスリング・ノアに所属し、チャンピオンにも輝いた人気プロレスラーです。

 

その巨体を生かしたパワーファイターでしたので、暴行受けたタクシー運転手が頬骨を骨折するのも無理はありません。

 

 

タクシー運転手を殴り、重傷を負わせたとして、警視庁新宿署は傷害容疑で住居不詳の自称プロレスラー、森嶋猛容疑者(40)を現行犯逮捕した。降車する際に料金約1万8千円の支払いを拒否したといい、調べに対し「料金のことで押し問答になった」と容疑を認めている。酒は飲んでいなかったという。

逮捕容疑は4日午後11時半ごろ、東京都新宿区歌舞伎町の路上で運転手の50代男性の顔を殴り、左頬骨折などの重傷を負わせたとしている。

<引用元:産経新聞>

 

 

森嶋猛さんは、2015年に重度の糖尿病を患い、絶頂期に引退をしています。

 

得意技は相手を抱え上げ後頭部からリングに投げるバックドロップ。

 

2018年7月には現役復帰を表明し、復帰戦を待っている状態の中でのこの暴行事件です(実際には復帰戦も中止に、後述)

 

 

暴行直前には酒を飲み帰されていた

 

現在報じられている内容では、午後11時半ごろに支払いを拒否し、押し問答となり殴ったとされています。

 

しかし、森嶋猛容疑者が直前に酒を飲んでいたとするツイートも確認できます。

 

 

 

このツイートを確認する限り、

 

 

  • 酒癖が悪そうなこと
  • 店の方に心配されながら帰されていたこと
  • 焼酎を飲んでいたこと

 

 

がわかります。

 

 

スポンサーリンク




復帰戦が中止になり落ち込んでいた?

 

 

森嶋猛容疑者は上述の通り、2018年7月に電撃的に現役復帰を表明しています。

 

 

 

復帰試合は、10月15日に「GENESIS~森嶋猛帰還~」を開催予定となっていました。

 

 

 

 

しかし9月中旬に、ランニング中に膝に痛みを感じ救急搬送

 

診察の結果、化膿性関節炎と診断、完治に4週間かかるということで、復帰戦に間に合わないことが判明し、復帰戦が中止となっています。

 

 

 

「この度は、私の復帰のために多大なるご尽力を頂きました、杉浦選手、内田会長をはじめ、プロレスリング・ノア関係者の皆様、応援を頂いている皆様、メディア各社様、何よりもお待ちいただきましたファンの皆様、皆様のご好意を裏切ることとなり、伏してお詫び申し上げます。本当に情けなく、しょっぱくてごめんなさい。復帰したい気持ちは本心なので、一日も早く回復させ、リングに立ちたいと思います。勝手ばかりご心配をお掛けしてばかりで本当にごめんなさい」

 

 

とのコメントを出しています。

 

 

復帰戦が中止となり気分が落ちていた可能性は十分にありそうです。

しかし、復帰を待つファンがいて、自身の疾患と戦っている最中に、飲み歩いていた、そして暴行事件を起こしたというのは言葉もありません。

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!