【事故】東京・江東区で4歳男児が転落死したマンションの場所は?1人で留守番した状況に注目集まる『何で一人で留守番』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東京江東区で、1人で留守番していた4歳男児がベランダを越え転落死する事故がありました。

 

事故のあったマンションの場所を確認、また、1人で留守番しないといけなかった状況に注目が集まっています。

 

 

 

スポンサーリンク




4歳男児がベランダから転落死

 

東京都江東区マンションで、痛ましい事故が発生しました。

 

4歳男児1人で留守番をしている最中、ベランダの柵を越え転落死したことがわかりました。

 

 

7日夕方、東京・江東区のマンションから4歳の男の子が転落し、その後、死亡が確認された。

警視庁によると、7日午後5時半すぎ、江東区東雲のマンションで「上から子どもが落ちてきた」と110番通報があった。警察官がかけつけると、マンションの敷地内で住民の4歳の男の子が倒れていて、その後、死亡が確認された。

男の子は7階から転落したとみられ、外廊下には、室内から持ち出した踏み台のようなものが残されていたという。当時、男の子は部屋で1人で留守番をしていたということで、警視庁は、男の子が外廊下に持ち出した踏み台のようなものの上にのり、誤って手すりを越えて転落したとみて調べている。

<引用元:日テレニュース24>

 

 

マンションの場所と画像は?

 

転落死の事故があったのは、東京都江東区東雲のマンションとされています。

 

テレビのニュースでは現場の様子が公開されています。

 


 

 

スポンサーリンク




1人で留守番させていた状況に注目が集まる

 

事故の原因となった、4歳男児に1人で留守番させていた状況にも注目が集まっています。

 

留守番させたことを批判する意見がある一方、そうせざるを得ない状況を仮定するなど、おおきな悲しみが残ります。

 


 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!