【福岡】女子中学生同士でタイマンした宇美町神社の場所と画像は?顔を殴り鼻を骨折『福岡県怖い』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

福岡県宇美町で、女子中学生が別の女子中学生の顔を殴り、鼻を骨折させたとして逮捕されました。

 

暴行があった神社場所画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




女子中学生が神社で相手の顔を殴り骨折させる

 

福岡県で、女子中学生同士の喧嘩とも思える暴行事件がありました。

 

相手の顔を殴り、鼻を骨折させたとして早良区在住の女子中学生が逮捕されています。

 

 

福岡県警粕屋署は8日、福岡市早良区在住の女子中学生(15)を傷害の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は10月15日午後9時12分ごろ、同県宇美町宇美1丁目の神社で、福岡市東区在住の女子中学生(14)の顔を殴るなどして鼻の骨を折るなど加療約23日間を要するけがを負わせた疑い。

<引用元:産経新聞>

 

 

暴行があった神社の場所と画像は?

 

暴行があったのは、福岡県宇美町宇美1丁目の神社とされています。

 



この地域には宇美八幡宮があり、敷地内に神社とする建物が複数あります。

 

暴行はこの敷地内で行われた可能性が高そうです。

 

スポンサーリンク




暴行の理由(原因)は?

 

これまでに、女子中学生が殴った理由や原因は明らかにされていません。

 

中学生同士のことですので、日常や学校生活の中の些細な出来事かと想像されますが、骨折させるほどのパンチに怒りの強さが伺えます。

 

また、他県では女子中学生が教師を殴る蹴るの暴行を加えたことが報じられており、キレる中学生という印象がぬぐえません。

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!