【死亡】熊本・HSR九州で岡本雄治さんバイク転倒事故。レース画像のレベルが凄い!『恐ろしさしか』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

熊本県大津市のレース場「HSR九州」で、岡本雄治さんが運転するモトクロスバイクが転倒、死亡する事故が発生しました。

 

事故の原因や、発生した場所画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




RKカップ九州アマチュアフェスティバルで岡本雄治さんのバイクが転倒、死亡。

熊本県大津市HSR九州で開催されていたモトクロスレースイベント、「RKカップ九州アマチュアフェスティバル」で死亡事故が発生しました。

 

運転していた、岡本雄治さんが転倒、その後死亡が確認されました。

 

愛好家によるレースということで、岡本雄治さんもバイク愛好家であったと思いますが、不幸な事故に遭われてしまったことには言葉もありません。

 

 

18日午後2時ごろ、熊本県大津町のレース場「HSR九州」で、一般愛好家らによるモトクロスのレース中、参加していた同県菊池市隈府、会社役員、岡本雄治さん(55)のバイクが転倒した。大津署によると岡本さんは全身を強く打っており、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

事故当時、「RKカップ九州アマチュアフェスティバル」が開催されていた。署は、岡本さんがレース開始直後に第1カーブで転倒したとみており、詳しい事故原因を調べている。

<引用元:産経新聞>

 

 

事故が発生した場所と画像は?

 

事故があったのは、熊本県大津市にあるレース場「HSR九州」だとされています。

 


 

こちらを運営しているのは、株式会社レインボーモータースクールで、交通安全普及啓発関連施設を運営する会社でホンダグループであるとされています。

 

サーキットコース、ドリームコース、オフロードコースの3コースから形成されており、ホンダの二輪テストコースとして、休日は一般利用も可能だとされています。

 

 

この日開催されていた、「RKカップ九州アマチュアフェスティバル」もモトクロス愛好家の一般の方々のレースが行われていたということで、岡本雄治さんもそれに参加していたということになります。

 

 

スポンサーリンク




第一カーブ転倒の原因は?

 

これまでに、レース開始直後の第一カーブで転倒したとみられています。

 

原因は明らかにはされていませんが、使用していたコースはオフロードコースということですので、路面のちょっとした凹凸にハンドル操作が間に合わなかったのか着地やバイクの変調の可能性も否定できません。

 

この大会に参加した方のレースの様子が多くツイートされていますが、アマチュアとはいえ激しいバイクレースに驚かされます。

 

View this post on Instagram

先輩の応援! #モトクロス #kawasaki #hsr九州

Katuakiさん(@katuaki_37)がシェアした投稿 –

これらのツイート画像や動画は死亡した岡本雄治さんも走行したオフロードコースと思われます。

 

 

また、昨年の同大会参加者とみられるツイートからは、HSR九州コースの難しさも感じ取ることもできます

 

 

 

死因は外傷性ショックとされており、クラッシュ時の衝撃の凄さを物語っています。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!