【動画】福田こうへいが大量吐血した原因は胃潰瘍?クリップ止血でのど自慢で熱唱画像『紅白に出れないとこんなことに』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

演歌歌手の福田こうへいさんが大量吐血して救急搬送、入院したことがわかりました。

 

吐血の原因や、直前に出演していたNHKのど自慢画像を確認します。

 

 

スポンサーリンク




福田こうへいが大量吐血で緊急入院

人気演歌歌手の福田こうへいさんが23日のイベントの終わりに、控え室で大量吐血し、緊急入院していたことが明らかになりました。

 

同日は、NHKのど自慢にも出演しており、観客の目でいつも通りの熱唱を見せていました。

 

 

演歌歌手の福田こうへい(42)が、23日に胃と食道の接合部が裂けて大量吐血したため緊急入院していたことが25日、分かった。

福田は23日に福島・白河市で午後1時から昼公演を行ったが、体調不良を訴えてアンコールと握手会を急きょ中止。直後に楽屋で吐血した。吐血量が尋常ではなかったため、同5時半からの夜公演を中止し、同市内の病院に救急搬送された。

検査の結果、胃と食道の接合部付近に亀裂があることが判明。止血剤や点滴でも症状は改善せず、急きょクリップで止血する応急処置をした。24日は仕事がオフだったため、同病院で終日静養。現在も出血は続いているため貧血状態で、食欲は極めて少ないという。

この日は福島・古殿町で「NHKのど自慢」に生出演。体調が万全でない中で新曲「天竜流し」を力強い歌声で熱唱し、45分間の本番後も会場の観客向けに2曲を歌唱するサービスぶりを見せた。終演後に故郷の盛岡市に戻って緊急入院し、精密検査を受けた。詳しい病状は26日に判明する。

これに伴い、当面の間は歌手活動を休養する。27日の福岡・飯塚市、28日の長崎・諫早市の公演はそれぞれ中止が決定した。その後の活動は、診断結果を見て判断するという。

所属事務所によると、福田は今月頭に下血するなど体調を崩していた。昨年までNHK紅白歌合戦に2年連続出場したが、14日に発表された今年の出場歌手に名前はなく、精神的ショックは大きかったとみられる。

日常的に飲酒をしている福田だが、内臓の病気は今回が初めてという。昨年10月には過労による咽頭炎などで緊急入院し、コンサートを中止するなど約2週間休養。2年連続で自身の体調不良による公演中止となり、福田はファンへの申し訳なさと悔しさを口にしているという。

<引用元:スポーツ報知>

 

 

 

吐血の原因は紅白落選?

 

上記のスポーツ報知では、吐血の原因は2年連続出場していたNHK紅白歌合戦の落選によるストレスを示唆しています。

 

確かに消化器系の内臓は、ストレスによる影響を受けやすく炎症や疾患が現れやすい部位だとされています。

 

直接の原因としては、食堂と胃の接合部部分が裂けていた事になりますが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、消化器系が弱い体質だったことも考えられます。

下血もあったことからその時点で精密検査をしていればこのような大事には至らなかったのでは無いでしょうか。

 

スポンサーリンク




のど自慢で熱唱している画像は?

 

11月25日には、体調不良の中NHKのど自慢に生出演されています。

 

大量吐血の後ですので、胃の裂傷部はクリップで留めたままの出演です。

 

スポニチによれば、

 

  • 番組ではいつも通りの姿
  • 顔色の悪さを隠すためファンデーションをいつも以上に厚く塗っていた
  • 異変時は病院直行できるよう舞台袖でスタッフが見守っていた

 

ということです。

 

 

NHKのど自慢で熱唱する画像(動画)がこちらです。

 

 

福田こうへい熱唱動画

 

顔色が悪いような気もしますが、いつも通りといえばいつも通りにも拝見できます。

 

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!