【訃報】勝谷誠彦が肝機能不全で死去?家族(妻・子供)や最近の画像は?黄疸の影響は?『勝谷は消えません』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コラムニストの勝谷誠彦さんが、死去したという訃報が入ってきました。

 

死因家族子供画像や、最近画像(動画)を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




コラムニスト勝谷誠彦さん、死去

毒舌すぎるコメントで、情報番組コメンテーターとして、またコラムニストとして活躍された勝谷誠彦さんが死去されたという驚きの訃報が入ってきました。

 

8月に重症肝炎で緊急入院するものの無事に退院し、活動再開に向けて治療を頑張っていた中の訃報に残念でなりません。

 

 

コラムニストの勝谷誠彦さんが28日に兵庫県尼崎市内で亡くなったことが同日、分かった。57歳。勝谷さんは8月に重症アルコール性肝炎で緊急入院。一時は集中治療室に入るほど重篤な状態だったが、10月に退院。その後10月20日に故郷・尼崎のイベントに姿を見せ持ち前の“毒舌”ぶりを発揮していたばかりだった。

10月20日に行われたのは「尼崎市民医療フォーラム」。このフォーラムには毎年参加しており、関係者によると入院前から参加は決まっていたという。このフォーラムの11日前に退院したばかりだった勝谷氏は車椅子姿で登場していた。

フォーラムのテーマは「100歳時代の生き方、死に方~バラ色の人生~」。勝谷氏は冒頭から「100歳どころか57歳で死にそうになった」とぼやき、観衆の爆笑を誘っていた。

その時には体調について「足元がおぼつかない」などと話していたが、入院生活については「入ってみたら看護師が主役。教授は週に1度、回診で10人ぐらい連れてきて『うん、順調だね』と。アホかと思いました」など、毒舌全開の勝谷節を交えて振り返っていた。

ツイッターでも退院目前の9月30日に「奇跡的な復活が見えてきました」などとつぶやき、有料サイトでの執筆活動に意欲もみせていた。それからわずか1カ月。あまりにも早い死に関係者も悲しみに包まれていた。

<引用元:デイリー>

 

 

明らかな死因はまだ公表されていませんが、重症・劇症肝炎を患っていたことを考えると、肝硬変など肝臓機能不全に陥っていた可能性は高そうです。

 

原因はかねてよりのアルコールだと言われています。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われるだけに、変化が現れた時には打つ手なしというケースも少なくないようです。

 

勝谷誠彦さんの家族(妻・子供)画像は?

 

勝谷誠彦さんの家族についてははっきりとした情報が確認できません。

よって画像も確認できません。

 

 

現在は妻や、子供といった存在は無いという可能性が高そうです。

これは、勝谷誠彦さんの告別式の喪主が弟・勝谷友宏さんであることからも伺えます。

 

仮に妻や子供がいれば喪主となるのでは無いでしょうか。

 

ただ、モデルの甲賀瑞穂さんという方とはパートナー関係にあったという噂があります。

 

ただ信ぴょう性については今ひとつといったところです。

 

スポンサーリンク




勝谷誠彦さんの最近の画像は黄疸がある?

 

10月に退院した勝谷誠彦さんの画像は、コメンテーターで拝見していた頃と比べると別人のように弱々しく見えます。

 

 

 

肝臓を悪くすると、黄疸といって肌や白目の部分が黄色くなる症状があります。

 

勝谷誠彦さんについても黄疸が出る可能性は十分にあったかと思いますが、最近の画像では、明らかな黄疸はなさそうに見えます(照明の影響もあるかもしれません)

 


 

上記動画の

 

「勝谷は消えません」

 

が胸に残りますね。

 

無類の酒好きだったとされる勝谷誠彦さん。

お酒で早すぎる死を迎えてしまったのは残念でなりません。

 

 

View this post on Instagram

 

国士無双常連様・・・。 2018-05-03

勝谷誠彦さん(@katsuyamasahiko)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

胸いっぱい収録終わりに、天満でカップルに混じって日本代表応援中。ケーヒルは怖い!とのこと。がんばれ! 2017-08-31

勝谷誠彦さん(@katsuyamasahiko)がシェアした投稿 –

 

あの毒舌が聞けなくなるのは少し寂しくなりますね。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!