【放心状態】吉澤ひとみ被告に有罪判決を下した佐藤卓生裁判官の画像や控訴は?『執行猶予なんて甘すぎる』厳しい声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元モーニング娘のメンバー、吉澤ひとみ被告に対し執行猶予付きで有罪の判決が下されました。

 

判決を下した佐藤卓生裁判官画像と経歴、吉澤ひとみ被告に対してかけた言葉や、控訴するのかを確認します。

 

 

スポンサーリンク




吉澤ひとみ被告に有罪判決

 

元モーニング娘。のメンバーでリーダーの、吉澤ひとみ被告の飲酒運転ひき逃げ事故裁判が行われ懲役2年、執行猶予5年有罪判決が下されました。

もっとトップアイドルの有罪判決と言う衝撃的な判決ですが吉澤ひとみ被告が、この判決を受け入れるのか控訴するのかにも注目が集まります。

 

酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げしたとして、道交法違反と自動車運転処罰法違反(過失傷害)に問われたアイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー、吉沢ひとみ被告(33)に対し、東京地裁(佐藤卓生裁判官)は30日、懲役2年、執行猶予5年(求刑・懲役2年)の有罪判決を言い渡した。

アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー、吉沢ひとみ被告(33)を有罪とした東京地裁の佐藤卓生裁判官は判決文を読み上げた後、「過ちを繰り返さないよう、自覚を持って過ごしてください。執行猶予期間の5年を過ぎても、このようなことがないようにしてください」との言葉をかけた。

判決によると、吉沢被告は9月6日朝、東京都中野区で酒気帯び状態で乗用車を運転し、法定速度を約20キロ超える時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。横断中の男女2人に軽傷を負わせる事故を起こしたのに救護せず、現場から走り去った。

29日の初公判で吉沢被告は起訴内容を認め、被告人質問で「翌朝に車に乗ることになっていたので酒を控えるべきだった。反省している」などと述べた。

検察側は論告で「(酒気帯びとなる値の)5倍以上の濃度で運転したとみられ、責任は重い」と指摘。弁護側は「示談が成立している」などと主張した。
吉沢被告は2000年に「モーニング娘。」に加入し、07年にグループを卒業した。今回の事件で逮捕、起訴され、芸能界からの引退を表明している。

<引用元: 毎日新聞>

 

 

判決を下した佐藤卓生裁判官の画像は?

 

吉澤ひとみ被告に有罪の判決を下したのは東京地裁の佐藤卓生裁判官です。

 

佐藤卓生裁判官の経歴は

所属:東京地裁判事・東京簡裁判事

異動履歴:

H.28. 4. 1 東京地裁判事・東京簡裁判事
H.25. 9.13 函館地家裁部総括判事・函館簡裁判事
H.25. 4. 1 東京地家裁立川支部判事・立川簡裁判事
H.21. 4. 1 司法研修所教官(東京地裁判事・東京簡裁判事)
H.19. 4. 1 東京地裁判事・東京簡裁判事
H.18. 4.11 青森地家裁八戸支部判事・八戸簡裁判事
H.16. 4. 1 青森地家裁八戸支部判事補・八戸簡裁判事
H.13. 4.12 東京家地裁八王子支部判事補・八王子簡裁判事
H.13. 4. 1 八王子簡裁判事・東京家地裁八王子支部判事補
H.11. 4.11 山形簡裁判事・山形地家裁判事補
H.10. 4. 1 山形地家裁判事補
H. 8. 4.11 千葉地裁判事補
(第48期)

<引用元: http://www.e-hoki.com/judge/1293.html?hb=1>

 

と、されており、司法研究所教官をも務めた経験のある実力ある裁判官であることがわかります。

 

現在までに、佐藤卓生裁判官の画像は明らかになっていませんが、大きな注目の裁判ですので、テレビのニュース映像(動画)や画像で、法廷の様子が報じられるかもしれませんね。

 

それにしても、吉澤ひとみ被告に対してかけた

 

「過ちを繰り返さないよう、自覚を持って過ごしてください。執行猶予期間の5年を過ぎても、このようなことがないようにしてください」

 

という、言葉に人柄を感じます。

これまでの社会的制裁を加味したのかもしれません。

 

後述のネットの反応を見ると甘い判決とする意見が多いようです。

 

スポンサーリンク




吉澤ひとみ被告は控訴する?

 

今回の裁判で吉澤ひとみ被告は休憩通りの懲役2年の判決となりました。(執行猶予5年あり)

 

吉澤ひとみ被告の弁護人は、示談が成立していることを主張していたことから求刑よりも軽い判決を求めていたことが伺えます。

 

今回の判決が、吉澤ひとみ被告と弁護人にとって計算通りの判決だったのか、想定よりも重い判決だったのか軽い判決だったのかは不明です。

 

この判決が重過ぎると判断されれば控訴される可能性はあります。

しかし、12時現在でしたひとみ被告が控訴したと言う情報は出ていません。

 

昨日の裁判の内容でもいまだに断酒できていない事もあり、社会的な批判はとどまることを知りません。

 

印象の問題にはなりますが、これまで芸能界で活躍してきた吉澤ひとみ被告を見てきた我々にとっては、今回の判決を受け入れしっかりと反省の日々を送っていただきたい気持ちもあります。

そして刑務所に入った方が断酒するチャンスだったとも考えられます。

 

この執行猶予の判決に甘えることなく、アルコール中毒も疑われますので酒との関わりを少しずつなくしていくことを望みたいところです。

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!