【堺市】七道駅の人身事故で女子高生死亡は自殺だった?場所や画像、原因は?『トラウマになりそう』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大阪府堺市堺区鉄砲町南海本線七道駅で、女子高生がはねられて死亡する人身事故が発生しました。

 

事故現場となった、場所や自殺と見られる原因、混雑の画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




南海本線・七道駅で女子高生がはねられる人身事故

大阪府の南海本線七道駅で、女子高生がはねられて死亡する人身事故が発生しました。

 

目撃者の情報から、女子高生は自殺を図った可能性が高いと言うことで、原因の調べが始まっているものと思われます。

 

 

5日午後5時頃、堺市堺区鉄砲町の南海本線七道駅で、同市内の女子高生(17)が通過中の関西空港発難波行き急行(6両)にはねられ、死亡した。乗客約900人にけがはなかった。

大阪府警堺署の発表によると、運転士やホームにいた客は「(女子高生が)ホームから線路に入っていった」と話しているといい、同署は自殺とみて調べている。この事故で、上下計56本が運休するなどし、約9万人に影響した。

<引用元:読売新聞>

 

 

人身事故が発生した場所と原因は?

 

人身事故が発生したのは、堺市堺区鉄砲町の南海本線七道駅のホームとされています。

 


 

 

これまでに、なぜ女子高生がホームに入っていったのか、原因は明らかにされていません。

 

状況的に自殺を図った可能性が高いと思われますが、学校の悩みだったのか、家庭の悩みだったのか、具体的な理由は不明です。

 

いずれにしても、自殺という行為にいたってしまったことは残念でなりません。

スポンサーリンク




人身事故現場の画像は?

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!