【長崎】西海市・屋内井戸で孫が転落事故死した場所と画像は?蓋はしてなかった?『井戸がまだある事に驚き』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

長崎県西海市で屋内の井戸に孫(3歳男児)が転落して死亡する事故が発生しました。

 

事故のあった場所や、井戸の画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




長崎県西海市で孫が井戸に転落し死亡する事故


長崎県西海市西海町で、と2人で過ごしていた女性から、孫が井戸に落ちたとの119番通報がありました。

 

井戸に落ちた孫は死亡が確認されています。

 

 

7日午後3時半ごろ、長崎県西海市西海町水浦郷の60代女性から「家で孫が井戸に落ちた」と119番通報があった。救急隊員らが駆けつけると、女性の自宅屋内の土間にある井戸に孫の男児(3)が落ちていた。

佐世保市内の病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

当時、家には女性と孫の2人で、井戸は淵から水面までは約6メートル。西海署が落ちた経緯や死因を調べている。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

 

事故が発生した場所と井戸の画像は?

 

悲しい事故が発生した場所は、長崎県西海市西海町水浦郷とされています。

 

 

詳しい場所までは、現段階では明らかにされていませんが、今後テレビニュース等で報じられる可能性があります。

 

最近では屋内に井戸がある光景を見る機会もほとんどなくなりましたが、事故現場は築年数が古い建物か、その地に古くからある井戸である可能性はありそうです。

大抵は、コンクリートの蓋などで塞いでいあることが多いのですが、この事故現場の井戸は、そのままにしていったことが伺えます。

 

井戸の縁までの高さは、3歳男児でも乗り越えられそうな高さであったのでしょうか。

 

屋内にそのような危険があったのであれば、女性もその危険には気づいていたと思いますが原因の調べが待たれます。

スポンサーリンク




みんなの反応

 

井戸の存在に驚いている方や、祖母や親の気持ちに接して言葉も出ない方がほとんどのようです。

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

error: Content is protected !!