【炎上】順天堂大学が「女子はコミュ力高い」謎の減点、決定したのは誰?ネット『何言ってるかわからない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

順天堂大学医学部入試を巡り、「女子はコミュ力高いため補正する必要」という理由減点していたことが明らかになりました。

 

この減点をしたのはなのか確認します。

この非合理的な減点に、ネット上では批判と理解不能とする意見が多くツイートされています。

 

 

スポンサーリンク




順天堂大学が女子一律減点「コミュ力高いため」

東京医大に端を発した、医学部入試の不正問題で、順天堂大学は第三者委員会から合理的な理由なく、女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱っていたことを指摘されたことを明らかにしました。

 

特に、女子に対して、コミュ力が高いから一律減点するという謎の理由で補正していたようです。

 

 

順天堂大(東京都)は10日、医学部入試をめぐって設置した第三者委員会から「合理的な理由なく、女子や浪人回数の多い受験生を不利に扱っていた」と指摘されたと公表した。特に面接などが行われる2次試験では「女子はコミュニケーション能力が高いため、補正する必要がある」として点数を一律に下げていた。大学によるとこの結果、2017、18年春の入試では本来合格していた計165人が不合格となった。大学はこのうち、2次試験で不合格となった48人(うち女子47人)を追加合格にする方針という。

第三者委の報告書によると、女子を不利に扱っていた理由を順大の教職員らに聞き取り調査をしたところ、(1)女子が男子よりも精神的な成熟が早く、受験時はコミュニケーション能力も高い傾向にあるが、入学後はその差が解消されるため補正を行う必要があった(2)医学部1年生全員が入る千葉県印西市のキャンパスの女子寮の収容人数が少ない――と説明があったという。

第三者委は、(1)について「性別より受験生個人の資質や特性を重視すべきである」と指摘し、「合理性がない」と判断。(2)についても、女子寮の収容定員が大幅に増えても医学部の女子学生が増えておらず、合格者選考会議などで収容人数が特に審議されていなかったとして、「制限する合理的な理由はない」と結論づけた。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

 

一律減点をしたのは誰?

 

この理解に苦しむ「コミュ力」減点を決定し指示したのは一体なのかが気になります。

 

しかし会見では、誰の指示なのかは明らかにされていません。

 

普通に考えれば、会見に出席していた順天堂大学の新井一学長と代田浩之医学部長もこの一律減点に関わっていた可能性はありそうです。

さらには、この二人の上の立場の方達(理事ら)の関与も、現段階では否定できません。

 

理事らの関与がないのであれば、今後、順天堂大学は自らこれを証明しなければならなくなるでしょう。

 

 

スポンサーリンク




みんなの反応

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 名無しさん  より:

    海外で医者の性別の割合が、日本みたいに偏ってないのは
    共働きなのに女だけ育児するという、家庭内差別が無いからってのもあるんですよね

    日本の場合、医者をやってても子育て全般が何故か母親だけの役割で
    だから女は使えないから男を大学の時点で優遇する、という事を正当化するっていう
    「差別があるからこその差別」を言い訳するという地獄みたいな状態になってる。。。
    本当に情けない国だ。

コメントを残す

*