【大仙ふくし会】愛幸園のインフルエンザ集団感染の原因と、場所・画像は?『隔離とかできなかったんだろうか』

秋田県の大仙ふくし会愛幸園で、インフルエンザ集団感染が発生、1人が死亡したことが明らかになりました。

 

集団感染の原因は対策が遅かったのか、愛幸園の場所画像を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




秋田・愛幸園でインフルエンザ集団感染

 

秋田県の大仙ふくし会が運営する特別養護老人ホーム「愛幸園」で、インフルエンザ集団感染が発生し、1人が死亡したことが明らかになりました。

 

死亡とインフルエンザに因果関係を一部認めており、他の感染者の容体が気になります。

 

 

秋田県大仙市の社会福祉法人大仙ふくし会は6日、運営する特別養護老人ホーム愛幸園」で、デイサービス利用者ら計26人がインフルエンザに集団感染し、うち入所者の97歳の女性が肺炎で死亡したと発表した。「インフルエンザによって死期が早まった可能性がある」としている。

愛幸園によると、昨年12月27日以降、デイサービス利用者14人、入所者3人、職員9人がインフルエンザA型と診断された。死亡した女性のほかに重症者はいない。27日に職員1人が発熱で欠勤、インフルエンザと分かった。同26日の勤務の際、既に感染していた可能性がある。

<引用元:共同通信>

 

大仙ふくし会・愛幸園の場所と画像は?

 

インフルエンザが集団感染した場所は、秋田県大仙市の「愛幸園」とされています。

 


 

上記グーグルストリートビューの画像では、周囲には田園風景が広がり、住宅や人ごみの密集などはしていなさそうな地域に見られます。

 

愛幸園のホームページでは、

 

 

  • 平成11年4月1日設立
  • 定員等:特別養護老人ホーム ○定員70名(うち短期入所16名)1人部屋/10室・4人部屋/15室
    デイサービスセンター ○定員25名
    ケアハウス ○定員15名1人部屋/15室(うち夫婦部屋兼用1室)
  • 常勤職員 ・施設長 ・事務員 ・生活相談員 ・介護支援専門員・看護職員 ・栄養士 ・介護職員 ・技能員 ・生活指導員
    非常勤職員 ・嘱託医 ・パート介護職員 ・パート清掃補助員

 

と掲載されています。

 

スポンサーリンク




インフルエンザ集団発生の原因は?

 

インフルエンザ集団感染の原因については、現在までに明らかになっていません。

 

現在は、集団感染の終息に精一杯なのではないかと思いますが、感染管理が徹底されていなかったこととすることができるかもしれません。

 

デイサービス事業も行っている限り、外部からのウイルスの持ち込みや、施設から外部への持ち出しの可能性は十分にあります。

 

上記記事では12月27日に最初の発生を確認しているようですが、毎日新聞では、

 

同園では昨年12月29日から、入所者との面会禁止などの措置を取っている

<引用元:毎日新聞>

 

との記述もあり、集団発生してからの面会制限対策ということで、結果論にはなりますがこの対策が遅かったと言わざるを得ないのではないでしょうか。

 

 

まずはこれ以上の死者を出さないように治療と感染拡大防止に取り組んでいただきたいものです。

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告