【NGT48】山口真帆暴行事件対策の防犯ベルの画像は?運営のセキュリティ意識にネット『もう少し真面目に考えたら』

NGT48のメンバー・山口真帆さんが自宅の玄関で暴行事件にみまわれた件で、運営側の対策として防犯ベルが支給されることがわかりました。

 

支給される防犯ベルの画像を確認します。

 

 

スポンサーリンク




山口真帆暴行事件について運営側がメンバー関与を発表

 

NGT48のメンバー山口真帆さんが、自宅の玄関でファンの男性2人に押し倒されるなど、暴行事件に巻き込まれた件でNGT48の運営がメンバーの関与や今後の対策を発表しました。

 

メンバーの関与は事件発覚後からネット上では噂になっており、該当メンバーの処分を求める声も多くなっており、また対策の一つの防犯ベルにも注目が集まっています。

 

アイドルグループ・NGT48が10日、新潟市のNGT48劇場で「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」を開催。昨年12月に男性ファンに自宅に押しかけられる被害を受けていたことが9日に明らかになった山口真帆(23)が出演した。山口はステージ上でファンに謝罪。運営側と話し合いを行ったことも明かし、今後もNGTとして活動していく決意を口にした。

NGT48の運営側は終演後、コメントを発表。NGT48のメンバーが、ファンに山口の帰宅時間を教えるなど、騒動に関与していたことを明らかにした。

運営側は「今回、山口真帆に関わる一連の騒動について、皆様にご心配とご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます」と謝罪。「昨年12月、ファンを名乗る男2名が山口真帆の自宅玄関に押しかけ、顔を押さえこむなどの暴行の容疑で逮捕されました。新潟警察署が事件を捜査し、約1か月間NGT48劇場今村支配人も新潟警察署にできる限りの協力をいたしました。そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました」と経緯を説明した。

山口は、9日に自身のツイッターで、NGT48のメンバーがファンに情報を教え、事件の手引きをしたと訴えていた。運営側は当初、他メンバーの関与を否定していたが、この日「メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。運営としては引き続き本件についての確認を続けてまいります」と明らかにした。「3名の男達についてはグループ内での公演、握手会、イベント等へは一切参加できない対応をしております」と、当該ファンに対しては“出禁処分”としたことを報告。「当然のことながら、今回の事件を受けて山口真帆本人は精神的なショックを受けております。今回このように山口真帆本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった為であり、今後はこのようなことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめ全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同全力で行なっていく所存です。ファンの皆様、関係者の皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

<引用元:デイリー>

 

支給される防犯ベルの画像は?

 

運営側がとった対策が、

 

  • 全グループメンバーへの防犯ベルの支給
  • 自宅への巡回

 

とされています。

 

グループメンバーに支給される防犯ベルの画像については公開されておらず、騒動が大きくなってからの付け焼き刃的な対策ですので現時点ではまだ調達・支給されていない可能性があります。

 

インターネットで『防犯ベル 大人』と検索すると、以下のような商品が検索されますが、音が大きいのが特徴ではありますが基本的には子供用と大きく性能は異ならないようです。

 


※上記画像はグループメンバーに支給される防犯ベルとは無関係です

 

 

ただ運営側が自宅を巡回するとは言っても、その際にもメンバーは防犯ベルを持って玄関へ出ることになるのでしょうか。

 

見知らぬ運営スタッフが訪れれば、スタッフに対しても防犯ベルを鳴動する可能性もありそうです。

 

 

山口真帆さんのようにいきなり顔を掴まれ押し倒されたら、防犯ベルを使用する間もないことはいうまでもありません。

 

スポンサーリンク




ネット炎上がヤバい

 

運営側の後手後手でお粗末な対応に、ネット上ではファンのみならず不満と、山口真帆さんに同情する声で炎上しています。

 

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告