【訃報】市原悦子死因(心不全)と盲腸の関連は?家族(夫・子供)画像は?『昨日、おやすみ日本で盲腸ってきいていたのに』

女優の市原悦子さんが、死去したことが報じられました。

 

市原悦子さんの死因盲腸の関連や、残された家族子供画像について確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




広告

市原悦子さんが82歳で死去

 

家政婦は見た!で知られる女優の市原悦子さんが死去されるという驚きのニュースが飛び込んできました。

 

死因は、心不全だったということで、迫り来る年齢と衰えに、体も限界だったのでしょうか。

 

 

2時間ドラマ「家政婦は見た!」などで知られる演技派女優の市原悦子(いちはら・えつこ)さんが12日午後1時31分に心不全のため死去したことが13日、分かった。82歳だった。

市原さんは16年11月に自己免疫性脊髄炎のため都内の病院に入院し、以降、芸能活動を休業した。

17年2月にはリハビリ専門病院に転院し、退院した後は都内の自宅でリハビリに励んでいたが、思うように回復せず、同11月には出演予定だったNHK大河ドラマ「西郷どん」のナレーションを降板した。

しかし、昨年3月、NHK「おやすみ日本 眠いいね!」内で担当するコーナー「日本眠いい昔ばなし」の朗読を自宅で収録。亀が人里へ助けを求めに行く「亀の使い」の話で、動物たちの声を6種類の声色で演じた。以降、月1回のペースで同番組の声だけの収録を自宅で行ってきた。最後まで女優として仕事を貫き通した。

市原さんは、早大を経て、俳優座養成所に入所。同期には大山のぶ代さん、ジェームス三木さん、冨士真奈美がいた。57年に俳優座に入団し、新人時代から度胸のいい演技で、舞台、ドラマ、映画で活躍。71年に退団後は、75年から約20年にわたって声を担当したTBS系アニメ「まんが日本昔ばなし」、高視聴率を記録した2時間ドラマ「家政婦は見た!」(83年~08年)、NHK大河ドラマ「秀吉」の秀吉の母なか役など、演技派の女優として人気を得た。90年には映画「黒い雨」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。

私生活では、俳優座で同期だった演出家の塩見哲さんと61年に結婚した。子宝に恵まれなかったが、おしどり夫婦として知られた。12年に市原さんがS状結腸腫瘍の手術を受けた時も、塩見さんは病床の妻を支えていたが、14年に肺炎で亡くなった。直後から市原も心身ともに衰えを隠せなかった。

<引用元:日刊スポーツ>

 

 

最近のトピックス

>>【NGT48】早川麻依子新支配人と第三者委員会のメンバー画像は?違法行為ない『違法か違法じゃないかじゃなくてさ…』

>>【乾マタニティクリニック】乾誠悟容疑者の院長(父)殺人事件の画像や動機がヤバい?『規制線が張られています』

>>動画】競馬・アマーティが騎手下馬後倒れ死亡したレース画像は?『体苦しかったろうに、誰にも怪我させることなく』

 

 

死因と盲腸の関連は?

 

 

上記記事の通り、市原悦子さんの死因は「心不全」だとされています。

 

もともと心臓に疾患をもっていたとの情報はありませんが、2016年には自己免疫性脊髄炎にて入院、2012年にはS状結腸腫瘍の手術のため入院と、度々病気には苦しめられてきていましたし、後述の夫の死により、体も心もかなりきつい状態だった可能性があります。

 

 

市原悦子さんといえば、昨年末に体調不良から盲腸と診断され、休養することをNHK総合「おやすみ日本 眠いいね!」の中で公表されたばかりでした。

 

 

 

MCの又吉直樹さんは代読で、

 

「こんな年になって盲腸になるなんて嫌だわ」

 

と市原悦子さんのコメントを読んでいましたので、まさかお亡くなりになるなんて誰も予想していませんでした。

 

本当に盲腸だったのか、入院中に心不全が悪化していったのか詳細は今後明かされるでしょうが、急な死去に言葉もありません。

 

スポンサーリンク




市原悦子の家族(夫・子供)は?

 

市原悦子さんは、1961年に演出家の塩見晢さんと結婚しています。

 

 

・塩見晢さんとの出会い俳優座で同期だったとされています。

 

塩見晢さんの画像

 

残念ながら子供には恵まれず、子供はこれまでにいませんでした。

 

 

しかし、塩見晢さんは、2014年に肺炎を患い、先立っています。

塩見晢さんに先立たれた後は、心身ともに衰えていったと言われていますので、市原悦子さんにとってとても大きな存在だったことがわかります。

 

天国で夫・塩見晢さんとふたたびおしどり夫婦として仲良く過ごして欲しいですね。

 

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告
error: Content is protected !!