【長崎新聞】徳永英彦社長の画像は?地方局は報じる?「愛人やろもん」「もうやったとや?」と腰振り。

長崎新聞徳永英彦社長が、懇親会の場で女性社員にセクハラと受け取れる性的言動をしていたことが明らかになりました。
 

 
長崎新聞の徳永英彦社長の画像画像を確認します。
 

 

スポンサーリンク




長崎新聞・徳永英彦社長が下品な性的言動

 

 

 
長崎新聞徳永英彦社長が女性社員に対して極めて下品な言動を発していたことが明らかになりました。
 

 
今回はセクハラとはされていませんが、一般的にはセクハラと認定せれておかしくない下品な行動には非常に残念です。
 

 

 

長崎新聞社(長崎市)の徳永英彦社長(59)が昨年11月、長崎市内の懇親会で部下の女性に性的な言動をしていたことが分かった。同社は「言動は不適切だが女性に被害者感情がない」としてセクハラには当たらないと判断、処分はしていない。徳永氏は昨年12月、常務から社長に就任した。

 同社によると徳永氏は昨年11月30日、社長就任を祝う懇親会で酒をつぎに来た女性社員に対し、隣の男性上司の名前を出し「(上司の)愛人やろもん」「もうやったとや」と発言、腰を振る卑猥(ひわい)な動作をしてみせた。

 こうした状況を把握した西日本新聞の指摘を受け、長崎新聞社は出席者の一部から聞き取りを実施。一連の言動があったことを確認した上で、第三者の弁護士に意見を求めた。今月11日付で弁護士から同社に出された意見書は徳永氏の言動を「品性に悖(もと)る」としつつ、女性に被害者意識がない、懇親会参加者に不快感を持った人がいない-として「法的な意味でのセクハラには当たらない」とした。

 佐藤烈総務局長は「発言は極めて下品。意識が低かった」とコメント。徳永氏は「余計な仕事をさせて申し訳ない」と話しているという。徳永氏は1983年入社、報道本部長などを歴任した。

 セクハラ問題に詳しい福岡県弁護士会の郷田真樹弁護士は「法的なセクハラには当たらなくとも、社会常識としては不適切。今回の言動を問題視しない社内の風潮を改善すべきだ」としている。

<引用元: 西日本新聞>

 

 

徳永英彦社長の画像や経歴は?


 

 
女性社員に対して性的な言動をしたのは長崎新聞の徳永英彦社長だとされています。
 

 
上記記事の通り、社長就任時の懇親会での一場面のようです。
 

 
徳永英彦社長の画像はこちらです。
 

 
徳永英彦社長の画像
 

 

スポンサーリンク




ネット上でも呆れ、地方局は忖度?

 

 
今回の出来事は取材元の西日本新聞がつかんだ情報から明らかになっていますが、弁護士の見解では女性に被害者意識がないとしていますが、この点にもなんだか違和感を感じます。
 

 

 
会社で働く女性たちはこのように声を上げることもなく泣き寝入りしているのは現代の問題だと感じます。
 

 

 
また、下記ツイートにもありますが、このニュースを長崎のローカルテレビ局では12時の段階では一局のみしか報じていないということです。
 

 
同じメディア業界内のことですので、忖度が働いたのか、午後から報じるのかも気になります。
 

 


 

トップページへ

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告