【アコンカグア】三浦雄一郎のチームドクター・大城和恵の画像は?登頂断念の理由は不整脈?『残念だけど賢明な決断』

 

南米最高峰のアコンカグアの登頂を目指していた三浦雄一郎さんが登頂断念下山するという残念なニュースが飛び込んできました。

 

同行していたチームドクター大城和恵さんの経歴画像、登頂断念の理由は心臓なのか確認します。

 

 

スポンサーリンク




三浦雄一郎がアコンカグア登頂を断念

プロスキーヤーでアコンカグア登頂を目指して入山していた三浦雄一郎さんが、登頂断念下山することが明らかになりました。

 

86歳という高齢での登頂でしたので、偉業を達成できなかった残念さもありますが、命より大事なものはありませんので勇気ある決断であると思います。

下山も気をつけて帰ってきてほしいものです。

 

南米大陸最高峰アコンカグア(標高6961メートル)の登頂とスキー滑降をめざしていたプロスキーヤー三浦雄一郎さん(86)が登頂を断念して下山を始めた。三浦さんの事務所が21日未明、明らかにした。三浦さんの体調から、チームドクターがこれ以上標高の高いところに行くのは難しいと判断したという。

三浦さんは現地時間の20日、標高約6千メートルのプラサ・コレラに滞在していた。事務所によると、同行していたチームドクターの大城和恵さん(51)が、高所の生活による影響が出ており、この標高での長時間にわたる生活で86歳の三浦さんにとって肉体的、生理的に負担がかかってきていて、これ以上、高い標高での登山活動は心不全をおこす危険があると判断。三浦さんもそれを受け入れたという。ニド・デ・コンドレス(標高5500メートル)まで歩いて下山し、ヘリコプターでふもとに向かう予定。

三浦さんは今月2日に日本を出国し、3日にアルゼンチン入り。徐々に標高を上げて体を高度に慣らしながら生活し、10日にヘリコプターでベースキャンプ(BC)のプラサ・アルヘンティーナ(標高4200メートル)に入った。

その後BCに滞在しながら調整。18日にヘリコプターで標高5580メートル地点に降り立ち、先に歩いて登っていたメンバーと合流して、約6時間歩いてプラサ・コレラに着いていた。19日は翌20日の強風が予想されたため、プラサ・コレラに滞在。登頂とスキー滑降を目標としていた。

副隊長で次男の豪太さん(49)は「6千メートルの標高で、肉体的、精神的にも厳しいとみた」、大城さんは「この標高は生物学的に86歳の限界。生きて還(かえ)るために、きょう下りるという判断をしました。よくここまで、この肉体と年齢でがんばったと思います」と話しているという。

三浦さんは「僕自身、頂上まで行ける、という自信はありましたけど、やはり周りで見ての状況、特に大城医師の判断ということで従うことにいたしました」と事務所に伝えた。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

 

登頂断念(下山)の理由は心臓?


三浦雄一郎さんが登頂に挑戦していたアコンカグアはアンデス山脈にあるアジア以外では最高峰の山となります。

 

 

地図上で見てもその険しい山肌が確認でき、さらに雪が降りますので、常人には極めて過酷な場所と言えます。

 

記事では登頂断念の理由を、

 

高所の生活による影響が出ており、この標高での長時間にわたる生活で86歳の三浦さんにとって肉体的、生理的に負担がかかってきていて、これ以上、高い標高での登山活動は心不全をおこす危険がある

 

としています。

 

 

三浦雄一郎さんはかねてより、心房細動と言われる不整脈の持病を持っており、この心房細動の根治術であるカテーテルアブレーション(心筋焼灼術)と呼ばれる手術を茨城県土浦市の土浦協同病院院長、家坂義人医師の手により、4回受けています。

 

心房細動は、その発作だけでも、息切れを起こしやすく、脳梗塞の原因にもありうると言われていますのし、心房細動は心不全を起こしやすくなります。

 

ただでさえ過酷な環境にいるので、心不全症状が出てしまうと下山すらも困難になるかもしれません。

 

もしかしたら今回の登頂断念の理由に心房細動が関係している可能性はありそうです。

無事に下山し、しっかり休んでほしいですね。

 

 

スポンサーリンク




チームドクター・大城和恵医師の画像や経歴は?

 

今回、登頂断念を判断し、三浦雄一郎さんに伝えたのは、チームドクター大城和恵医師だとされています。

 

 

生誕1967年??月??日(52歳)
長野県長野市
国籍日本の旗 日本
出身校日本大学医学部
職業医師
著名な実績8000メートル峰2座登頂

<引用元:wikipedia>

 

大城和恵さんは、医師・医学博士でありながら、循環器医療、山岳医療に携わっており、自身も登頂経験が豊富な方です。

まさに今回の三浦雄一郎さんのチームドクターには最適な方です。

 

 

これまでに三浦雄一郎さんの登頂に向けて行動を共にしてきたことがツイッターでは報告されており、三浦雄一郎さんはこの方に命を預けていたと言っても過言ではないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告