【奈良県総合医療センター】行き先を間違えたドクターカー画像と原因は?因果無しに『弁明は酷すぎる』

奈良県総合医療センタードクターカーが、行き先を間違え、患者新生児が死亡するという悲しいトラブルが発生しました。

 

ドクターカー画像と、行き先を間違えた原因を確認します。

 

スポンサーリンク




奈良県総合医療センターのドクターカーが行き先を間違え遅延

奈良県でとても悲しい救急搬送トラブルが発生しました。

 

奈良県総合医療センタードクターカーが、行き先を間違えた結果、本来の到着より25分遅れて、結果として心肺停止だった新生児を救うことができなかったということです(遅延と新生児の死亡の因果関係はなしとしている)

 

 

奈良県総合医療センター(奈良市)は23日、心肺停止状態の新生児を搬送するために産婦人科に出動したドクターカーが行き先を間違え、到着が約25分遅れるミスがあったと発表した。その後、新生児は死亡したが、センターは遅延との因果関係はないとしている。

センターによると、18日午後1時5分ごろ、県内の産婦人科から連絡を受け、医師が同乗したドクターカーが出動。だが、最初に到着した病院で「連絡していない」と言われて間違いに気づき、本来の到着時間から約25分遅れて搬送依頼があった別の産婦人科に着いた。双方の産婦人科は名称が似ており、電話交換手が新生児集中治療室(NICU)の医師に取り次ぐ過程で間違いが生じたとみられる。

 新生児は同3時10分ごろに死亡が確認されたが、センターの医師7人による検証の結果、遅延がなくても救命は難しかったと結論づけたという。センターは今回のミスを受け、NICUと県内の産婦人科を結ぶ直通回線の設置を決めた。大峯朝記(あさき)事務部長は「非常に申し訳なく思う。二度と起こさないよう対策を徹底したい」と話した。

<引用元:産経新聞>

 

行き先を間違えた原因は?

 

 

産経新聞では行き先間違いの原因を、

 

電話交換手が新生児集中治療室(NICU)の医師に取り次ぐ過程で間違いが生じた

 

としており、本来の行き先である産婦人科と間違われた産婦人科は名称が似ていたためとしています。

 

現在までにどの産婦人科を間違えたのかは明らかになっていませんが、産婦人科といえば、

 

  • ●●産婦人科
  • 〇〇レディースクリニック

 

という名称の医療機関が多いので、受け手側も多くの医療機関を知っているだけにこのような伝え間違いが発生したのでしょう。

 

名称だけではなく行き先(住所)も確認しておけば、こんなことにはならなかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク




出動したドクターカーの画像は?

 

出動したとされる、奈良県総合医療センターのドクターカーは、こちらの画像である可能性が高そうです。

 

 

 

このツイッターユーザーによれば、この画像の車両は新生児ドクターカーだということですので、今回の行き先を間違えた車両の同類と思われます。

 

高度医療を運ぶドクターカーでも行き先を間違えれば、人の命は救えない、そんな当たり前のことが痛感させられる事例ですね。

 

死亡と遅延に因果関係がないということで、仮に救命できたとしても心肺停止の時間により、重い後遺症が残った可能性は否定できなさそうです。

 

 

ただ我が子を失った両親にとってはなかなかすんなり受け入れられる状況ではないでしょう。

 

亡くなった赤ちゃんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告
error: Content is protected !!