【宅ふぁいる便】オージス総研・西岡信也社長の画像と年収は?退会者まで個人情報流出『企業情報が流れますな』

大容量ファイルの無料転送サービスの「宅ふぁいる便」で、大規模な個人情報流出が発生しました。

 

運営するオージス総研西岡信也社長画像年収を確認します。

 

スポンサーリンク




宅ふぁいる便で個人情報480万件流出、退会者情報も

 

ファイル転送サービス事業「宅ふぁいる便」で大規模な個人情報流出が発生したことが明らかになりました。

 

運営しているオージス総研が記者会見を開きましたが、すでに退会者の情報も含まれているとあった、過去に一度でもサービスを利用した方々は確認の必要がありそうです。

 

 

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」で、生年月日やパスワード、メールアドレスなどの利用者情報が流出したことが分かった。過去に登録し退会した利用者も含め、流出件数は約480万件にのぼる。サーバーに不正アクセスがあったという。

サービスを提供するオージス総研(大阪市)が25日、大阪市内で会見を開いて発表した。小田垣正美常務執行役員は「大変なご迷惑、ご心配をおかけして、おわび申し上げます」と謝罪した。

利用者の名前や性別、業種・職種、居住地(都道府県のみ)などは調査中だ。サーバー内に保管されている利用者のファイルが流出した可能性もある。現時点では、流出した情報による具体的な被害は確認されていないという。有料会員のクレジットカード情報などは別のシステムで管理しており、流出していないとしている。他のネットサービスでパスワードやIDを使い回している利用者には、変更するよう求めた。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

広告

なぜか退会者の情報まで

 

宅ふぁいる便では、個人では情報量が多くメールで送りにくいようなファイルを転送するサービスとして、無料サービスであることから、ビジネスの分野で多く利用されていると言われています。

 

公式ホームページでは、多くの情報の中でも、メールアドレス、ログインパスワード、生年月日の3つは流出が確定したとしています。

 

 

驚くべきは退会者の情報も漏れているということで、以前の会社で使用していたなどサラリーマンやビジネスマンが多く存在する可能性があります。

ネット上では以下のような書き込みも確認できます。

 

 

大型ファイルを経費かけずに送りたい会社員が相当使ってると思うので、自分のみならず会社のメアド系が流出となると被害は大きい。

<引用元:ヤフーコメント>

 

 

また法人単位で利用されている可能性もあるので、大規模な個人情報流出であることは間違いありません。

 

利用規約にもよりますが、退会後の個人情報の扱いをどうしていたのかも疑問が残るところです。

 

 

 

スポンサーリンク




オージス総研の社長・西岡信也の画像や年収は?

 

オージス総研は、大阪に本社を置き、大阪ガスの子会社としても知られています。

 

 

 

代表取締役社長は西岡信也氏で、ホームページでは、

 

■いつもお客様サイドに立ちます
オージス総研はいつもお客様サイドに立っていたい、これが社員一人ひとりの願いです。お客様の問題をお客様の立場で考え、お客様にとって最良のソリューションを提供する、そういう会社でありたいと考え、行動しています。「お客様の満足」こそが我々の目標であり、「お客様の信頼」が我々の勲章です。

<引用元:ホームページ>

 

 

としているだけに大きく信用を失墜してしまったことはいうまでもありません。

 

 

西岡信也社長の画像

 

 

気になる年収は、もちろん公開はされていませんが、会社としての売上実績は366億円としていますので、社員が多いとはいえ数千万円年収はもらっているのではないかと想像されます。

 

2018年3月31日現在で1423名の社員を抱えていますので、宅ふぁいる便以外の事業もしているとはいえ、老舗事業の一つでしたので、この損失補填と保証にしばらく時間を割かれることでしょう。

 

 


広告

 

トップページへ

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告