【長崎】幸生会・島原療護センターで再び虐待 施設画像と場所は?オムツにクワガタも『なんで障害者に…なさけないね』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

長崎県社会福祉法人幸生会・島原療護センターで、職員がオムツにクワガタを入れるなどして、一部の行為が虐待認定され県に指導されていたことが分かりました。

 

施設の場所画像、過去の事例も確認します。

 

スポンサーリンク




島原療護センターで女性下着で悪ふざけ、虐待と認定される

 

長崎県の障害者支援施設「島原療護センター」で、耳を疑うような虐待が認定されたことが報じられました。

 

女性入所者の下着を使って悪ふざけしたとして県が文書で指導しています。

 

また、虐待が否定された事例として、職員がクワガタムシをオムツに入れるという、常識では考えられない行為も指摘されています。

 

 

長崎県島原市礫石原(くれいしばる)町の障害者支援施設「島原療護センター」で、施設の職員が女性入所者の下着で悪ふざけをするなどの虐待行為があったとして、県が障害者総合支援法に基づき、施設を運営する社会福祉法人「幸生会」(長崎県諫早市)を指導していたことが分かった。同施設では過去にも、入所者への虐待で職員が逮捕されるなどしていた。

県や同法人によると、県は2018年11月、情報提供を受けて施設の立ち入り調査を実施。複数の男性職員が複数回、女性入所者の下着を使って悪ふざけをしたことを虐待と認定した。同12月に文書で指導した。

また、男性入所者が18年9月15日、下腹部にけがを負った事案があり、県は職員がクワガタムシをおむつに入れた可能性が高いとみて「虐待が疑われる」と指摘。男性の担当職員2人は、法人側の聞き取り調査に虐待を否定したという。

<引用元:読売新聞>

 

[adcode]

虐待と認定された幸生会・島原療護センターの場所と画像は?

 

虐待と認定されたのは、社会福祉法人幸生会島原療護センターだとされています。

 

 

 

施設ホームページによれば、平成29年4月現在で

 

施設長 吉田隆彦
職員数(平成29年4月現在) 施設長 1名
サービス管理責任者 1名

事務員 2名

作業療法士 1名

管理栄養士 1名

医師(嘱託) 1名

准看護師 4名

歯科衛生士 1名

生活支援員 30名

*給食・清掃 外部委託

<引用元:施設ホームページ>

 

だとされています。

 

この中のどの職員が虐待行為を行ったかは不明ですが、上記記事では、男性職員の複数 とされていますので、後述の過去の逮捕歴があったにもかかわらず再発したことは残念でなりません。

 

スポンサーリンク




過去には逮捕者もあり、深刻な事態?

 

この島原療護センターでは過去には逮捕者が出たことがあります。

 

その数、300件以上と言う信じられない回数となっています。

もうこれは、虐待の意識無く行われていたと言っても過言ではない数です。

 

 

 

2012年に逮捕された、主犯格の人物は7年間で300件以上の暴行虐待をしましたが、懲役1年4ヶ月(求刑・懲役2年)の実刑判決を下されています。

とあるサイトに寄れば、この人物は

 

  • ほぼ寝たきりの入所男性(76)を介助中に右腕などをこぶしで数回殴る
  • 約80日間の右尺骨骨折の重傷を負わせる
  • この入所男性は身体中にあざが出来たり骨折したりすることが頻繁にあった
  • 別の入所者男性(48)の右脇腹を殴り、肋骨骨折の重傷を負わせる
  • 入所中の男性(76)の顔面をこぶしで1回殴って鼻の骨を折る重傷を負わせた
  • 施設内のトイレや食堂などで男性の顔を殴って鼻の骨を折る重傷を負わせた
  • ほかの入所女性(32)にも顔や頭を殴るなど暴行をした

<引用元:https://sekirara-nenkinseikathu.com/ziken/kanekoosamukaogazou/>

 

とされています。

 

職員の徹底指導が求められますが、そもそもおむつにクワガタを入れるなど、言うまでも常識を逸しており幼稚すぎて残念に感じます。

 

 

 

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*