【わいせつ】千葉・小6女児が男性教師に胸触られPTSDに?小学校の場所や画像は?父『怒りを通り越してあきれ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

千葉県男性教師が、小6女児の胸を触ったとして女児がPTSDになったとするわいせつ事案が起きていたことが明らかになりました。

 

この男性教師や発生した学校、関連する画像を確認します。

スポンサーリンク




千葉・小6女児が男性教師に胸触られPTSDに 提訴へ

千葉県小学校小6女児に対して男性教師わいせつな行為をし、女子がPTSDに陥る事案が発生していたことが明らかになりました。

 

この男性教師は、わいせつ目的は否定したものの、女子側によれば服の中に手を入れられたり女子トイレにひとりでいるところを男性教師がトイレの中にまで入ってきたりとあったということです。

女児の父親もあきれており、教師や県に損害賠償を求め提訴したということです。

 

 

 

千葉県の小学6年の女児(12)が通学先の30代の男性教諭に胸を触られるといったわいせつ行為を受けて心的外傷後ストレス障害(PTSD)になり登校できなくなったとして、教諭や県などに計約1000万円の損害賠償を求め、両親とともに30日、千葉地裁に提訴した。

県教育委員会によると、教諭は脇や顎の下をくすぐったことは認め「励ますつもりだった。胸は触っていない」と話したが、わいせつ目的は否定しているという。

訴状によると、小学5年だった2017年9月ごろから、学校の廊下などで脇をくすぐられたほか、18年2月以降、女子トイレに1人でいた際に服の中に手を入れられ、胸を触られることが複数回あったとしている。

女児は18年2月ごろから不登校になり、PTSDとの診断を受けた。教諭がその年の2学期に地元の教委勤務となり、少しずつ学校に行けるようになったが、完全には戻れていないという。

県警が両親の被害届を受け、強制わいせつ容疑で捜査している。

父親(56)は取材に「すぐに教諭の配置を換えなかった学校に怒りを通り越してあきれている。同じことが起きないように、一人でも多くの人にこのことを知ってほしい」と話した。

<引用元: 共同通信>

 

[adcode]

 

わいせつ事案が発生した小学校や男性教師の現在は?

 

このわいせつ行為が行われたのは2017年で、被害を受けた女子が小学5年生の時、男性教師は30代だとされています。

 

 

この女児は2018年2月から不登校となり、同年9月にこの男性教師が小学校から教育委員会勤務となったとされています。

年度の途中である2学期から教育委員会への配置と言う事は、小学校も何らかの事情をつかんだ上での移動であった可能性も否定できません。

 

 

現段階では、この小学校や男性教諭について詳細な名前画像は明らかにされていません。

スポンサーリンク




ネットの反応は?

 

 

[adcode]

 

トップページへ

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*