【逮捕】加古川市・父親が小4三男に暴行の理由と妻のDVは?過去にも児相保護『心愛ちゃんのおかげか、みんな敏感』

 加古川市で、44歳の父親小学4年生の三男に対し暴行したとして逮捕されました。

 

千葉県野田市の栗原心愛さんの死亡事件があったばかりですので、暴行の理由DVを受けていなかったのかも確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




加古川市・父親が小4三男殴り逮捕

 

兵庫県加古川市で、建設業の男(父親)が小学4年生三男に対し脇腹を殴ったり水筒を投げつけたりするなどの暴行をしたとして逮捕されました。
三男はこの暴行を母親ではなく、学校に打ち明けて発覚していることから、千葉県野田市の栗原心愛さんの死亡事件のように、またしても実の父親による暴行で、常習的だったのかも気になります。

兵庫県加古川市で息子の脇腹を殴るなどの暴行を加えたとして、44歳の父親が逮捕されました。息子が学校に被害を打ち明けて発覚しました。

逮捕された自称・建設業の44歳の男は先月31日、加古川市の自宅で小学4年の三男の脇腹を複数回、殴って頭に水筒などを投げ付けるなどした疑いが持たれています。警察によりますと、三男が学校の担任に被害を打ち明けて暴行が発覚しました。男は調べに対し、「宿題を早く終わらせないことに腹が立った」と容疑を認めているということです。男は妻と息子3人の5人暮らしで、虐待の恐れがあるとして三男に加えて中学生の次男も児童相談所に一時保護されています。過去には長男も一時保護されていて、男の妻は「怖くて止められなかった」と警察に話しているということです。

<引用元: テレ朝ニュース>

 

広告

 

母親はDVを受けていた?

 

上記記事では、三男が学校にこの暴行を打ち明けたことで逮捕でつながったことが報じられています。

毎日新聞では、逮捕されたのは自営業の山元健輔容疑者(44)としています。テレ朝ニュースと総合しますと、建設会社を経営しているのではと考えられます。

山元健輔容疑者の家庭は3人の息子がおり5人家族とされています。
ただ、上記記事の通り長男や次男も児童相談所に保護された経緯があることから、山元健輔容疑者の暴行は突発的なものではなくこれまでも常習的に行われていたのかも今後警察で調べられていくのではないでしょうか。
千葉県野田市の栗原心愛さんの死亡事件のように子供を守るべき立場である母親も守れないケースもあります。

栗原なぎさ容疑者は自身もDVを受けていたため夫の暴行を止められなかったとしています。

 

>>【画像】野田市小4死亡・栗原なぎさ逮捕の理由は?DV疑惑『母も被害者じゃ』

 

 

山元健輔容疑者ので、被害者の三男母親についてはDVの有無は現段階では明らかにされてはいませんが、夫の暴力について

「怖くて止められなかった」

 

と語っていますので、三男が母親ではなく学校に相談したことを踏まえると、もしかしたら”母親では父の暴力を止められない、もしくは解決できない”ということを認識してか、母親に迷惑をかけたくないという母親をかばう気持ちがあったのかもしれません。

 

スポンサーリンク




 

暴行の理由がヤバい?

 

山元健輔容疑者は暴行の理由について
 

「宿題を早く終わらせないことに腹が立った」

 

と、ささいな出来事の原因であったことを語っているようです。
これまでに子供に対して行った暴行は

 

 

  • 脇腹を複数回殴る
  • 頭にライターのオイル缶や水筒などを投げ付ける

 

 

とされています。
次男も一時的に保護され、成人した長男も保護歴があることから、父親の暴力が長年にわたり行われていたのではないかと懸念されます。

 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告