【沖縄】小学生女児が包丁で母親切りつける殺人未遂事件 場所は糸満市?犯行理由や家族など不明

沖縄県南部に住む小学生女児が包丁で母親を切りつけたとする殺人未遂事件が発生したという衝撃のニュースが報じられました。

 

事件の場所は糸満市なのか、犯行の動機・理由(原因)、家族や関連する画像を確認します。

 

 

スポンサーリンク




沖縄・小学生女児が母親を包丁で切りつける殺人未遂事件

 

2月11日夜、沖縄県南部で小学生女児が母親を包丁で切りつける殺人未遂事件が発生しました。

 

幸い、母親の命に別状はないものの、女児も認めており、児童相談所に通告の方針だということです。

 

 

小学生の女の子が母親を包丁で切りつけた。

この事件は、11日夜、沖縄県南部で、小学生の女の子が自宅で母親の首を包丁で切りつけ、殺害しようとしたもの。

母親は病院に救急搬送されたものの、命に別状はないという。

小学生の女の子は、母親を切りつけたことを認めていて、警察は殺人未遂事件として児童相談所に通告する方針。

<引用元:日テレニュース24>

 

広告

 

殺人未遂事件の場所(沖縄県南部)は糸満市?

 

この殺人未遂事件の発生した場所は、沖縄県南部だとされています。

 

これ以上の詳細な場所は明らかになっていませんが、日テレニュースでは、糸満警察署が資料映像として流れており、糸満市内の事件の可能性がありそうです。

 

日テレニュース動画

 

 

 

スポンサーリンク




 

犯行の動機や小学生女児の家族、画像は?

 

現在までに小学生による殺人未遂事件ということもあり、この事件の背景は詳しくは報じられていません。

 

年齢にもよると思いますが、普段から母親との関係がギクシャクしていたのか、何かを叱られて突発的に逆上してしまったのか。

小学生ですので、まだまだ母親との時間は大切にしていきたいはずです。

 

小学生女児の家族についても父親や兄弟姉妹などは不明です。

今後徐々に背景が明らかになっていくのではないでしょうか。

 

 


 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告
error: Content is protected !!