【墜落】F2戦闘機隊員救出 Jアラートと時刻重なる『戦争が始まったのか』

山口県沖の日本海で墜落した、航空自衛隊F2戦闘機が発見され、隊員2人の無事も確認されました。
 

 
墜落と言う大事故にもかかわらず奇跡的に助かった理由は脱出なのか、Jアラートと時刻が重なったことを確認します。
 

 

スポンサーリンク




山口県沖に墜落したF2戦闘機と隊員2人の無事が確認


 

 
2月20日午前、山口県沖の日本海に墜落したとされる国自衛隊のF2戦闘機が発見されました。
 

 
そして搭乗していた隊員2人の無事も奇跡的に確認されひと安心です。
 

 

 

20日午前、航空自衛隊のF2戦闘機1機が訓練で山口県沖の日本海を飛行中に墜落しました。乗っていた隊員2人は現場付近で救助され、いずれも意識はあるということで、航空自衛隊は当時の詳しい状況を調べています。

防衛省によりますと、20日午前9時20分ごろ、航空自衛隊のF2戦闘機1機が訓練で山口県沖の日本海を飛行中にレーダーから機影が消えて連絡が取れなくなりました。

機体には2人が搭乗していて、午前10時10分ごろ現場付近の海域でそれぞれ簡易式の救命ボートに乗っているところを発見され、まもなくヘリコプターで救助されました。

2人は発見当時、手を振るなどしていて、いずれも意識はあるということですが、けががあるかどうかなど詳しい状況はわかっていません。

機体は福岡県にある航空自衛隊築城基地の所属で、午前8時48分にほかの2機のF2戦闘機とともに合わせて3機で基地を離陸し、訓練のため山口県沖の日本海に向かったということです。

現場海域では油膜などが見られるということで、航空自衛隊は機体が墜落したと断定し、事故調査委員会を設置して詳しい状況の調査を始めました。

航空自衛隊の築城基地では、去年11月にもF2戦闘機2機が訓練中に上空で接触し、機体の一部が損傷する事故が起きています。

<引用元: NHKニュース>

 

広告

隊員2人が助かった理由は?


 

 
戦闘機の墜落と言う大きな事故であったにもかかわらず幸いにも、退院2人の無事が確認されています。
 

 
詳細な怪我の程度はまだ明らかになっていませんが救助ボートに乗って、手を振るなどしていたと言うことで奇跡的に重傷ともならず助かっている可能性が高そうです。
 

 
隊員2人が命を落とさず助かった理由については現在のところ明らかになっていませんが、しっかりと救助ボートに乗っているところを考慮すると墜落前に早めにF2戦闘機から脱出していた可能性もあるのではないでしょうか。
 

 
いずれにしても日頃の訓練の成果が、緊急時に自らの命を救うことにつながったのではないでしょうか。
 

 

 

 

スポンサーリンク




 

ネットの反応

 

 


blockquote class=”twitter-tweet”>

今日、Jアラートのテスト放送が流れて、昼にはF2墜落のニュース
一瞬、とうとう南と戦争が始まったのかと思った(^_^;)
パイロットさんたち、ご無事で何より

— オムラー@立呑師🍶 (@tachinomishi99) February 20, 2019


 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告