【死亡事故】石川・白山一里野温泉スキー場で小学5年生男児が衝突した立ち木画像は?防具着用の必要性

石川県白山市の白山一里野温泉スキー場で、小学5年生の男児がコース脇の立ち木にぶつかり死亡する事故が発生しました。

 

衝突した立ち木の画像と、ヘルメット等の防具はつけていなかったのか確認します。

 

 

スポンサーリンク




新聞配達中に刺され重傷

 

 

石川県白山市のスキー場で、小学5年生の男児がコース脇の立ち木に衝突し死亡する悲しい事故が発生しました。

 

天気も悪くなかったことからコースを外れ、衝突を回避できなかった可能性が高そうです。

 

4日午前、石川県白山市のスキー場で小学5年生の男の子がコース脇の立ち木にぶつかり、死亡しました。

24日午前10時前、白山市尾添の「白山一里野温泉スキー場」で「男の子がコース脇の木にぶつかって倒れている」と、近くで滑っていた人から消防に通報がありました。

警察と消防によりますと、倒れていたのは石川県野々市市の小学5年生、今井颯人さんで、ヘリコプターで病院に運ばれましたが、首を強く打っていてまもなく死亡しました。

現場は標高1050メートルの山頂からふもとまでのおよそ3キロを、雪が積もった林道をたどって降りる初級・中級者向けのコースで、今井さんはスタート地点の山頂付近で倒れていたということです。

スキー場を管理している会社によりますと、事故当時は晴れ間が広がり、風も弱かったということです。

今井さんは家族と一緒にスキーに来ていたということで、警察は、コースからそれて立ち木に衝突したとみて詳しい状況を調べています。

<引用元:NHKニュース>

 

広告

小学5年生が死亡したスキー場の場所と画像は?

 

事故が発生したのは、石川県白山市尾添の「白山一里野温泉スキー場」だとされています。

 

 

 

石川県最大のゲレンデということで人気スポットとされています。

 

 

スポンサーリンク




 

小学5年生が衝突した立ち木の画像は?

 

スキー場内で、小学5年生がどの立ち木に衝突し倒れたのか、その立ち木については画像は公開されていません。

 

過去にこのスキー場に関して投稿された画像を確認すると、一般的なコースのように確認でき、立ち木も多くあります。

 

下記画像は今回の事故とは関係ありません。

 

コース脇は多く立ち木がそびえていますので、スピードが乗ったまま突入すると衝突を回避するのは困難なのではないでしょうか。

日本ではヘルメットやプロテクターといった防具をつける習慣がなく、その必要性について言及されている方もいらっしゃいます。

 


このような事故が発生すると思えば、ごもっともな意見だと感じます。

家族や大人が一緒についていっていたものと思いますが、このような悲しい事故が起こり、気持ち察すると言葉もありません。

 

ご冥福をお祈りします。

 

ネットの反応

 

広告

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告