【エール】窪田正孝の相手ヒロイン女優は誰?『ブレイク少し前の女優さんにやってほしい』

NHKは2020年春の朝ドラ『エール』について、主演が俳優の窪田正孝さんであることを発表しました。

気になるヒロインに抜擢される女優は誰なのか確認します。

スポンサーリンク




2020年朝ドラ『エール』主演は窪田正孝

NHKは、2020年春から放送開始する朝ドラ『エール』の主演が、俳優の窪田正孝さんであることを発表しました。

男性が主役となるドラマは、第91作『マッサン』以来となります。

この『エール』は、広瀬すずさん主演『なつぞら』、戸田恵梨香さん主演『スカーレット』に続いて放送予定です。
 

NHKは28日、2020年春から放送する連続テレビ小説のタイトルが「エール」で、主演は俳優の窪田正孝さんが務めると発表した。

<引用元: 共同通信>

広告

エールのヒロイン演じる女優は誰

気になるのは窪田正孝さんとともにこのドラマを盛り上げてくれるヒロインとなる女優です。

直放送予定の広瀬涼さん主演のなつぞらでは、犬飼貴丈さんや吉沢亮さんなど、仮面ライダー俳優の出演で盛り上がりを見せています。

ネット上では窪田正孝さんのファンと思われる女性たちから、窪田正孝さんの存在自体がヒロインだと言う主演決定の歓喜の声が多く上がっています。

HKによればヒロインはオーディションで先行することになっていると言うことです。

スポンサーリンク




 

エールのあらすじは?

 

すでに報じられている通り、『エール』のモデルとなるのは、高校野球でお馴染みの「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの応援歌である「六甲おろし」など、生涯で約5000曲を生み出した作曲家・古関裕而をモデルにした物語だとされています。

NHKによれば、

昭和の激動の時代に人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の人生を描く「エール」に決まりました。
連続テレビ小説として102作目となる「エール」は、銀行に勤める福島市の青年と愛知県豊橋市に住む女学生が文通を通して結ばれ、戦前・戦中・戦後を生き抜いて数々の名曲を生み出す波乱万丈の物語です。

「栄冠は君に輝く」や「鐘の鳴る丘」などの作品で知られる昭和を代表する作曲家、古関裕而と、歌手としても活躍したその妻、金子をモデルにしたオリジナルのストーリーです。

とされています。

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告