【訃報】佐藤安太(タカラ創業者)の死因と残された家族(妻・子供)は?開発とマーケティングの意味

タカラトミーの前身・タカラ創業者、佐藤安太さんが死去しました。

 

死因や残された家族(妻・子供)、これまでの偉業を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




タカラ創業者・佐藤安太さんが死去 死因は老衰

 

玩具メーカー・タカラトミーの前身であるタカラの創業者、佐藤安太さんが94歳で死去されました。

 

死因は、老衰とされており大きな病気も無く94歳まで生きてこれたのは大往生と言ってもいいでしょう。

現在のタカラトミーの人気を考えれば、偉大な創業者であったことが分かります。

 

 「リカちゃん」人形や「人生ゲーム」などを大ヒットさせた玩具メーカー、タカラ(現タカラトミー)創業者の佐藤安太(さとう・やすた)氏が2月26日、老衰のため死去した。94歳。福島県出身。後日、関係者でお別れの会を開く。

1953年、タカラの前身である佐藤ビニール工業所を設立。67年にタカラに社名変更し、「リカちゃん」人形や「人生ゲーム」、「チョロQ」などが大きなブームとなった。

<引用元:共同通信>

 

広告

 

佐藤安太の家族(妻・子供)は?は

 

佐藤安太さんは福島県出身で、1945年に米沢工業専門学校化学工業科(現山形大工学部)を卒業しています。

55年にタカラの前身、佐藤ビニール工業所(後に改称)を設立し、爆発的人気となったのが、ビニール人形「だっこちゃん」です。

 

 

その後チョロQなど大ヒットのおもちゃを多く開発し、2000年に会長職と社長職を退任しています。そのときは75歳です。

 

 

佐藤安太さんの結婚や妻についてはこれまで語られていませんが、結婚はしており長男・佐藤博久さんが佐藤安太さんの後任の社長として1994年に就任、2000年に次男の佐藤慶太さんが社長に就任しています。

 

佐藤博久さんの画像

佐藤慶太さんの画像

 

妻については今もお元気なのかは分かりませんが、佐藤安太さんと長年連れ添われたのではと思われます。

 

スポンサーリンク




 

佐藤安太さんの偉業

 

佐藤安太さんは、タカラを創業したことでも十分偉業と言えますが、

 

  • 1986年 – 黄綬褒章
  • 1995年 – 勲四等旭日小綬章

 

と、栄典にも名前を連ねています。

 

また、映画『トランスフォーマー/リベンジ』のワールドプレミアにも招待され

 

「25年前に作ったロボットが、まさかこんな映画になるなんて。本当に感激です!」

 

と当時コメントしていますが、日本発祥のおもちゃが世界に認められたことは功績のひとつでしょう。

 

佐藤安太さんが築いていったタカラのおもちゃがこれからも子供たちに愛されていけば、これ以上の幸せは無いのじゃないでしょうか。

 

 

佐藤安太さんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告