【九大】誹謗中傷する歌を歌った女性教員画像と歌は聞ける?『病んでるなぁ』

九州大学によりますと九州大学大学院農学研究員の女性教員が、同じ研究院の職員に対し誹謗中傷する歌を歌うなどしたとして出勤停止6ヶ月の処分を課しました。
 

 
誹謗中傷の歌を歌った、女性教員は誰なのか、画像と歌を確認します。
 

 

スポンサーリンク




九大・大学院農学研究院の女性教員が誹謗中傷の歌


 

 
九州大学で同僚に対する陰湿な行為があったことが発表されました。
 

 
九州大学大学院農学研究院の女性教員が、同じ研究院の職員に対し誹謗中傷する歌を歌ったり、殺したいと書かれた紙を置くなどの嫌がらせをしていたことがわかり、出勤停止6ヶ月の処分となりました。
 

 

 

 九州大は28日、同僚の財布から現金を盗んだり、誹謗ひぼう中傷を繰り返したりしたなどとして、教職員ら3人を解雇や出勤停止の懲戒処分にしたと発表した。 

 発表によると、解雇になった九州大学病院の女性技能補佐員(50歳代)は2017年から18年10月までの間、更衣室のロッカー内にある複数の職員の財布から現金計23万円を盗んだ。 

 出勤停止6か月の大学院農学研究院の女性教員(30歳代)は13年以降、所属研究室の教職員を誹謗中傷するような歌を歌ったり、「殺したい」と書いた紙を置いたりするなどの行為を繰り返した。同2か月の大学病院の男性医療技術職員(20歳代)は18年2月、少女に体を露出した姿を撮影させ、LINEで送信させたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反で罰金30万円の略式命令を受けた。

<引用元:読売オンライン>

広告

誹謗中傷の歌を歌った女性教員は誰?画像は?

 

 
上記記事によれば、この女性教員は、大学院農学研究院の女性教員(30歳代)とされています。
 

 
2013年以降、繰り返してきたとされていますので被害を受けた職員にとっては5年以上もの苦痛の期間を過ごしてきたことになります。
 

 
詳細な名前や画像は明らかになっておらず、出勤停止の処分ですので半年後には再び勤務を再開するものと思われます。
 

 
こちらが農学研究員の教員一覧です。
 

 
大学院農学研究院ホームページより
 

スポンサーリンク




 

誹謗中傷の歌はどんな内容?

 

 
誹謗中傷の歌についても、具体的にどのような内容だったのかは明らかになっていません。
 

 
誹謗中傷の対象となった職員個人に対する内容であったことは言うまでもありませんが、鼻歌感覚でわざと歌っていたのでしょうか。
 

 


 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告