【埼玉】羽生第一高校で推薦願書出し忘れた教師の1つの嘘 慰謝料50万円支払い判決 元生徒は一般入試で合格

埼玉県立羽生第一高校の生徒が、担任教師の推薦入試願書出し忘れによって受験できなかったとして裁判所が慰謝料50万円の支払いを命じました。

 

推薦入試願書を出し忘れた教師は誰なのか、画像や教師がついた嘘を確認します。

 

スポンサーリンク




羽生第一高校の元生徒が担任の願書出し忘れで試験受けられず

 

埼玉県立羽生第一高校で2017年に当時3年生の元生徒が、担任教師の推薦入試願書出し忘れ(提出忘れ)により、試験を受験できなかったとして、裁判所は慰謝料50万円の支払いを命じました。

 

この元生徒はその後一般入試を受験し、希望する専門学校には合格・進学しています。

 

埼玉県立羽生第一高校の元生徒が、担任が推薦入試の出願書類を出し忘れて専門学校を受験できなかったとして、県に慰謝料など約155万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1日、さいたま地裁熊谷支部であり、大槻友紀裁判官は県に50万円の支払いを命じた。

判決などによると、元生徒は高3だった2017年、看護の専門学校の推薦入試を受ける出願書類を担任の教諭に提出。しかし担任は提出を忘れ、元生徒の母親には「書類に不備があり受理されなかった」などと説明していた。元生徒は一般入試でこの専門学校に進学した。

小松弥生・県教育長は「重く受け止めている。再発防止に努める」とコメントした。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

広告

願書を出し忘れた教師は誰?

 

願書を出し忘れたのは、2017年当時、埼玉県立羽生第一高校の元生徒の担任教師だとされています。

 

 

当時の担任教師は誰なのか、現段階では名前や画像は明らかになっていません。

 

平成28年度卒業生(平成29年度入試)進路概況

 

スポンサーリンク




 

教師がついた1つの嘘

当時の担任教師は、元生徒の母親に、願書の出し忘れについて、

 

「書類に不備があり受理されなかった」

 

という嘘をついています。

受験できないという事実は変わらないものの、誠心誠意出し忘れを詫びていればこのような裁判沙汰には発展しなかった可能性も考えられます。

このささいな(?)嘘が、元生徒親子の気持ちを逆なでしてしまったのかもしれません。

 

ネットの反応(掲示板サイトより)

 

  • 一般入試で受かっちゃうなんて、
    もともと頭のいい子だったんだな
    でも心労は凄かっただろうに
  • これが悪質じゃん
    提出し忘れは過失だが、こっちは意図的な虚偽
    教員として終わっとる
  • 提出し忘れだとどうやってバレたのかな
    学校に問い合わせたら教えてくれるものなのか
  • 入学してから専門学校に聞いたんだろうな
  • 手間と裁判費用とストレス考えると50万じゃ割に合わんな
    とりあえずこのクズ教師は教員免許取り上げろよ
    素直に提出忘れ謝罪ならこうならなかっただろうに
    嘘ついてしかも相手に過失あるような言い方はまじで終わってる
スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告