【新日本プロレス】獣神サンダー・ライガー引退後は素顔?リバプールの風の山田恵一は?『ベテラン選手の引退が続きますね』(2019.3.7)

 新日本プロレスのジュニアの象徴・獣神サンダー・ライガー選手が来年の東京ドーム大会で引退することを表明しました。

 

引退後マスクを脱いで素顔に戻るのか、コーチ解説者として活動するのか確認します。

 

スポンサーリンク




獣神サンダー・ライガーが引退を発表

新日本プロレスのジュニアの象徴で「怒りの獣神」のニックネームで活躍した、獣神サンダー・ライガー選手が2020年の東京ドーム大会で引退することを発表しました。

 

毎年恒例のプロレス界のビッグイベント1・4東京ドーム(2020年1月4日)のことであることは間違い無いでしょう。

アニメから生まれたヒーローの最後の勇姿に注目が集まります。

 

新日本プロレスのジュニアの象徴、獣神サンダーライガーが7日、都内の事務所で会見を行い、来年1月の東京ドーム大会(4、5日)をもって現役引退することを発表した。

ライガーは、6日の大田区大会で、石森太二のIWGPジュニアヘビー級王座に挑み敗れていた。ライガーは「昨日の試合を通して、自分にはもう伸びしろがないなと感じた。今まで培ってきたテクニックなどはいくらでも生かせるが、伸びしろはないと感じた。ベルトを取ってもやめるつもりだった。東京ドームという場所を用意してくれた新日本には感謝しています」と話した。

また「仮に(昨日の試合で)ベルトを取っても引退を発表しようと考えていました。勝ち逃げです。レスラーに対する美学ですが、まだできるのに何でやめるの? っていうのがボクの中にあったので、引退を決断しました」と言い、「平成が終わるとともに引退ってカッコよくね?」と笑いを誘った。

ライガーは、変身前の山田恵一として高校卒業後にメキシコ修業中に、山本小鉄に認められ新日本に入団。84年3月3日にデビューした。その後、89年4月の東京ドーム大会で、アニメ「獣神ライガー」とのタイアップ企画で、獣神ライガーとして覆面デビュー。その後、獣神サンダーライガーと名前を変え、現在に至っている。

170センチと小柄ながら無類の練習熱心さと努力で、覆面に負けない華麗なプロレススタイルを作り上げ、海外でも絶大な人気を誇る。国内の他団体とも積極的に交流し、94年にはジュニアのオールスター戦とも言える第1回スーパーJカップ開催を実現。自身も95年と00年に優勝している。

IWGPジュニアヘビー級王座は11回戴冠。04年にはノアのGHCジュニアヘビー級王座も獲得した。15年7月にはWWE傘下のNXT大会に新日本所属選手として史上初めて参加。タイラー・ブリーズに勝利するなど、日本のジュニアの第一人者として、世界にその名をとどろかせた。

最近は、17年に新日本のジュニアの祭典、ベスト・オブ・スーパージュニアからの卒業を発表。覆面デビュー30年となる年に、区切りをつけた。

<引用元:日刊スポーツ>

 

広告

 

引退後は素顔に戻る?山田恵一はリバプールから戻る?

 

獣神サンダー・ライガー選手はここ数年は試合は前座での出場が多くなっており、ワールドプロレスリング中継では解説者としての出演が多くなっていました。

 

そのプロレス熱は解説からも伝わり、時には実況のアナウンサーとも熱く激論することもありました。

 

 

獣神サンダー・ライガー選手の引退の理由は、年齢的な問題である可能性が高いでしょう。

現在、IWGPジュニアヘビー級王者の石森太一選手からの挑発の際に、最後の大舞台と自身でも感じていたのでは無いでしょうか。

 

石森太一選手から挑発されたシーンの動画はこちらです。

 

 

挑発には乗ったものの、若い世代に任せられるとの判断も半々であったことでしょう。

 

獣神サンダー・ライガー選手の素顔といえば、プロレスファンにはあまりにも有名ですが、山田恵一選手だとされています。

 

山田恵一画像

 

獣神ライガーのデビュー戦の際には、記者からの「山田恵一はどこへ行った?」との質問に対し、

 

「リバプールの風になった」

 

と答え、今もプロレス界に残る名言だとされています。

引退後はリバプールから山田恵一選手が帰ってくるかもしれません。

 

スポンサーリンク




 

引退後も新日本プロレスに残る?

 

引退後については現段階では、明らかになっていません。

ただ、昭和はタイガーマスク、平成は獣神サンダー・ライガーといってもいいくらい、新日本プロレスに対してはかなりの貢献であったので、引退後も新日本プロレスに残る可能性は高そうです。

 

引退後の仕事としては

 

  • コーチとして新人選手の育成
  • テレビ解説者

 

などの道があるでしょう。

 

過去には山本小鉄さんやマサ斎藤さんが同様の道を辿ってきましたので引退後もライガー節は残り続けることでしょう。

 

ネットの反応

 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告