【蒸し返し】宮川紗江に要求した体操協会理事と反省文の内容は?高須院長『この処分がパワハラ』(2019.3.9)

日本体操協会パワハラ問題で、宮川紗江さんに反省文を要求し、すでに提出済みであることが報じられました。

 

宮川紗江さんが提出した反省文の内容と、高須院長や日本体操協会に対するネット上の批判を確認します。

 

スポンサーリンク




日本体操協会が宮川紗江選手に反省文を要求

パワハラ問題に揺れた、日本体操協会が問題提起をし記者会見など行った宮川紗江さんに対し反省文要求していたことがわかりました。

 

すでに反省文は提出済みで、宮川紗江さんだけでなく、具志堅幸司副会長には顛末書と謝罪文の提出、協会会員の池谷幸雄さんにも誓約書の提出、とすることを決めたとされています。

なお、パワハラの発端となった、塚原光男、塚原千恵子の2人については言動は不適切と認定したものの、2人とも任期満了で役職を退くことが決まっていることから、新たな処分や対応はされていません

 

 

日本体操協会は9日、理事会を開き、リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(19)が「パワーハラスメントを受けた」と塚原光男副会長(71)と塚原千恵子・女子強化本部長(71)を告発した問題で、宮川選手の一部の言動が千恵子強化本部長の名誉を傷つけたなどとして、宮川選手に反省文の提出を求めることを決めた。反省文はすでに提出されているという。

協会が設置した特別調査委員会がこの日、調査報告書を公表して関係者への対応を提案。理事会がその内容通りに決定した。塚原光男、千恵子両氏の言動も不適切と認定したが、昨年12月の臨時評議員会で謝罪し、2人とも任期満了で役職を退くことが決まっていることから、新たな処分や対応はなかった。

このほか、具志堅幸司副会長には記者会見での発言に問題があったとして、会長厳重注意(顚末書と謝罪文提出)、ソウル・バルセロナ両五輪メダリストで協会会員の池谷幸雄氏はテレビで推測による発言をして同協会の信用を失わせたとして、会長厳重注意(誓約書の提出)とすることを決めた。

日本体操協会は昨年12月に第三者委の「不適切な言動はあったが、パワハラは認定できなかった」とする調査結果を公表して両氏の職務停止を解除する一方、特別調査委員会を設けて調査していた。調査委の対象は「不適切な言動」でパワハラの有無は対象になっておらず、理事会も関係者に反省文の提出を求めるなどに対応をとどめ、懲戒処分には至らなかった。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

パワハラ発覚時に当ブログでも紹介していました。

【パワハラ】塚原千恵子女子強化本部長の顔画像と家族は?宮川紗江以外に被害を受けている選手はエンジェルJAPAN?

広告

宮川紗江さんが提出した反省文の内容は?

 

宮川紗江さんに要求した反省文はすでに提出済とされており、その内容については公開されていません。

 

上記記事によれば、

 

宮川選手の一部の言動が千恵子強化本部長の名誉を傷つけた

 

ことに対する反省文を要求していますので、詳細は不明ながらも塚原夫妻への詫びや謝罪、また体操協会への謝罪も含まれている可能性は高そうです。

 

結果的にパワハラとは認定されなかったとはいえ、不適切な言動で1人の若者が追い詰められてしまったことが始まりであり、その被害者と言っても過言ではない宮川紗江さんに反省文を要求する感覚に疑問を呈している方や批判の声を上げている方も多くいらっしゃいます。(後述)

 

 

また、パワハラ問題の際に宮川紗江さんを応援していた高須院長もツイートで反応しています。

 

スポンサーリンク




 

反省文を要求した理事は誰?

反省文の要求は、日本体操協会の理事会で決定されたとしています。

 

日本体操協会のホームページに掲載されている理事はこちらです。

 

日本体操協会理事一覧PDF

 

具志堅幸司副会長にも謝罪文などが要求されており、体操協会の中では一般の感覚で対応してくれた方という印象ですが、結果的に日本体操協会にたてついた方は全員に処分が下り、このような形でパワハラ問題が蒸し返しされてしまったことは残念でなりません。

 

今後の宮川紗江さんや体操競技選手の活動に影響が出ないことを祈りたいと思います。

 

 

宮川紗江さんの健気な姿とツイート

 

宮川紗江さんの年末から今年のツイートにはその健気さに胸打たれてしまいます。

 

 

ネットの反応

広告

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告