【訃報】川内通泰(ニッポン放送社長)の死因や家族(妻・子供)画像は?『一つの時代が終わった』

ニッポン放送社長兼会長の川内通泰さんが、3月5日に死去したことが明らかになりました。

 

川内通泰さんの死因や、家族子供)について画像を確認します。

 

スポンサーリンク




ニッポン放送社長・川内通泰さん死去 死因は大動脈解離

ニッポン放送の社長・会長である、川内通泰さんが3月5日に死去していたことが発表されました。

 

ニッポン放送は東京地区で1950年代初頭に開局した民放局に続き、1954年に財界を中心とした約200社の出資で開局した放送局で、フジサンケイグループの中核をなす会社です。

川内通泰さんの死因は、大動脈解離とされています。

大動脈と言う大きな血管の膜が裂けていく病気で、急激な血圧低下によるショック状態となり得ます。

 

 

ニッポン放送の社長、会長や東京国際映画祭のゼネラルプロデューサーを歴任した川内通泰(かわうち・みちやす)氏が5日、大動脈解離のため死去していたことが11日、公表された。83歳。葬儀は近親者のみで執り行われた。喪主は妻甫代(はつよ)さん。

川内氏は1959年、ニッポン放送に入社。常務、専務、副社長を経て92年に代表取締役社長に就任。99年、同会長に就任した。また、92年~99年には日本民間放送連盟理事、2001、02年には東京国際映画祭のゼネラルプロデューサーを務めた。

98年紫綬褒章、11年旭日中綬章。

<引用元:デイリー>

 

広告

 

川内通泰さんの家族(妻・子供)画像は?

 

川内通泰さん自身についてはあまり情報が無く、画像は読売新聞に掲載されています。

 

川内通泰画像

 

 

産経新聞によれば、

 

佐賀県出身。東京大学卒業後、昭和34年にニッポン放送入社。報道部国会担当記者を経て、営業や編成部門を歩む。平成4年に社長、11年に会長。4年から11年までは日本民間放送連盟の理事を務め、ラジオの活性化に尽力。13、14年には東京国際映画祭のゼネラルプロデューサーとして映像文化の発展にも貢献した。

<引用元:産経新聞>

 

家族については、甫代さんが喪主をされることから、結婚されていることは明らかですが、子供についてはいるのかどうかは不明です。

 

年齢的には孫までいてもおかしくはありません。

 

スポンサーリンク




 

ネットの反応は(ヤフーコメントより)?

 

一つの時代が終わったわ

昭和がまた遠なるわ

 

 

スポンサーリンク




最新情報をチェックしよう!
広告