【野田ライフケアセンター】黒ワゴン車が歩行者3人死傷事故の場所 原因は意識消失の可能性(2019.3.13)

千葉県野田市清水公園東2丁目市道交差点で、会社員の金子龍司容疑者が歩行者3人をはねる事故が発生し過失運転致死傷容疑で逮捕されました。
 

 
事故の原因場所野田ライフケアセンター)を確認します。
 

 
この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




野田市清水公園の交差点で歩行者3人をはねる死亡事故


 

 
千葉県野田市清水公園東2丁目で、歩行者3人がはねられる悲惨な死亡事故が発生しました。
 

 

 
この事故で、自称会社員の金子龍司容疑者逮捕されました。
 

 

 

13日朝、千葉県野田市で横断歩道で信号待ちをしていた歩行者に乗用車が突っ込み、60代と70代と見られる女性2人が死亡し、70代と見られる男性が意識不明の重体となっています。
警察は乗用車を運転していた42歳の男をその場で逮捕し、当時の状況や事故の原因を調べています。

13日午前7時半ごろ、千葉県野田市清水公園東の市道の交差点で、乗用車が対向車線をこえて歩道に乗り上げ、信号待ちをしていた歩行者をはねました。
警察によりますと、この事故で3人が病院に搬送されましたが、60代と70代と見られる女性2人の死亡が確認され、70代と見られる男性が意識不明の重体となっています。
乗用車は3人をはねたあと、歩道の脇にある建物にぶつかって止まりました。
警察は乗用車を運転していた、自称・野田市の会社員、金子龍司容疑者(42)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、当時の状況や事故の原因を調べています。
現場は東武野田線の清水公園駅から南東におよそ500メートルの、見通しのよい片側1車線の道路が交わる交差点です。
<引用元: NHK ニュース>

広告

事故の場所と原因は


 

 
事故が発生した場所千葉県野田市清水公園東2丁目の市道交差点で、容疑者の車は野田ライフケアセンターの壁にぶつかり停止したと言うことです。
 

 

 

 
詳細な事故の原因は明らかになっていませんが、
 

 

「出勤途中だった。意識を失った」

 

 
と、供述していることから何らかの意識消失の疾患を患っている可能性も否定できません。駅の方向から来たと言う情報もありますのでそれが事実であれば、衝突している車の向きが不自然ですのでやはり意識消失して車が暴走した可能性が高くなります。
 

 
てんかんなどの脳疾患や不整脈などの心臓疾患がそれらには該当します。
 

 
これまでの検診で、そのような疾患を患っていたことを認識していたのかどうかも自己の重大性を左右する大きなポイントになります。
 
もしも仮に、意識消失の疾患を患っていることを把握しながら車の運転をしていたのであれば悪質としか言いようがありません。
 

広告




 

事故の画像や被害者の容体は?

 

 
この事故ではねられたのは、信号待ちをしていた男女3人で、60代と70代の女性2人が死亡、70代の男性が意識不明の重体という痛ましい惨事となりました。
 
突然の事故により命を絶たれてしまった被害者やその家族の心中を察すると言葉もありません。
 

 


 


 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告