【知ってた】Kalafinaが遂に解散 退社していたメンバーは?理由は歴史秘話ヒストリア主題歌で忖度?(2019.3.13)

女性ボーカルユニット・Kalafinaカラフィナ)が、ほとんど活動休止状態の中、遂に解散発表となりました。

 

退社したメンバーや、歴史秘話ヒストリア主題歌は変更されるのか、解散理由についても確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告




Kalafinaが遂に解散発表

 

女性ボーカルユニットのKalafinaカラフィナ)が、メンバーがほとんど退社し、事実上の活動休止(停止)状態となる中、所属事務所が遂に解散を発表しました。

 

ファンにとっても残念な気持ちも半々、もうとっくに活動していないことから今更感も出ています。

 

音楽ユニット「Kalafina」が13日、公式サイトを更新。ユニットの解散を報告した。メンバーの一部が所属事務所を退社し、実質上活動していなかったが、正式に解散発表となった。

「弊社所属のKalafinaは、梶浦由記が2018年2月に契約を満了、続いてメンバーの一部が退社し、実質上活動をしておりませんでした。その後弊社では、Kalafinaについて、活動再開を含め、あらゆる可能性を検討してまいりました。しかしこの度、Kalafinaとしては、活動を再開する事は困難であると判断し、改めてKalafinaの解散を決断し、お知らせするに至りました」と説明した。

「これまでKalafinaを応援していただき、活動再開を待ち望んでいらっしゃる多くのファンの皆様のご期待に沿えず、大変残念に思います」とファンへのメーセージを送った。

Kalafinaはプロデュースしていた音楽コンポーザーの梶浦由記氏が昨年2月に事務所を退社。メンバーのKeikoが同4月、Hikaruが同11月に相次いで所属事務所を退社した。

今年2月にソロデビューしたWakanaは同日、公式サイトを開設。20日にソロファーストアルバムを発売する。

<引用元:スポニチ>

 

 

広告

 

梶浦由記の他の脱退メンバーは誰?

 

Kalafinaは共同作業者であり、Kalafinaの名付け親でもある梶浦由記さんの元で2008年に「定員のない流動的なユニット」として活動をスタートしています。

 

最初の楽曲は、劇場版アニメ『空の境界(からのきょうかい)』主題歌で、この曲のためのユニットだったとされています。

 

2018年に梶浦由記さんが事務所・スペースクラフトを退社し、事実上の活動休止状態となっていました。

 

 

その後は

 

  • 2018年4月 Keikoが円満退社
  • 2018年11月 Hikaruが円満退社

 

 

とされ、残っていたのは、高音パート担当のWakanaさんのみとなっています。

3人のハーモニーが美しいユニットでしたので、単独ライブも行ってきましたが当然ながら1人での活動は限界があると言えます。

 

 

広告




 

歴史秘話ヒストリアの主題歌は変更?

 

Kalafinaといえば、NHKの番組「歴史秘話ヒストリア」の主題歌が有名です。

 

 

この時期まで解散せずに伸ばしてきた理由に、この歴史秘話ヒストリアの主題歌が絡んでいたからでは?という見方もできそうです。

 

NHKが新主題歌の選定が終わり、番組改編の4月を迎えるのが、最も自然だからです。

NHK側が解散を待つように声をかけていたのかは不明ですが、Kalafina側(スペースクラフト)からNHKに迷惑をかけられないという理由で解散させないでおこうという忖度だったと考えると、この時期の解散でも納得いきそうです。

 

 

ネットの反応

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告