【撮り直し】映画「居眠り磐音」のピエール瀧代役は誰?宍戸文六役の転落ぶりが逮捕にダブっている?(2019.3.14)

電気グルーヴメンバーで俳優のピエール瀧容疑者が、コカイン使用容疑で逮捕され、5月公開予定の映画居眠り磐音」の出演シーンは撮り直し差し替えることが発表されました。

 

ピエール瀧容疑者の役柄と、代役になるのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




「居眠り磐音」のピエール瀧出演シーンは撮り直し差し替え

 

コカイン使用容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者の芸能界に与えた衝撃が収まることを知りません。

 

5月17日公開予定の映画居眠り磐音」にも出演しており、公開まで約2ヶ月あまりですが、出演シーンを撮り直し差し替えることが明らかになりました。

 

新井浩文容疑者の逮捕の際には公開中止となったことを考えると差し替えれるだけの影響だった可能性が考えられます。

【謝罪】草彅剛が新井浩文逮捕で「台風家族」公開延期にコメント ネット『剛くんが謝ることではない』

 

松竹は14日、ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、5月17日公開の映画「居眠り磐音」の瀧容疑者の出演シーンを代役を立てて撮り直し、差し替えると発表した。予定通り公開する。

一方、NHKは14日、総合で16日昼に再放送予定の大河ドラマ「いだてん」第10話について、瀧容疑者の出演シーンをカットすると発表。BSプレミアムで24日に放送予定だった連続テレビ小説「あまちゃん総集編」の後編にも出演シーンがあるため、別の番組に差し替えるという。

<引用元:共同通信>

 

広告

 

ピエール瀧の映画中の役柄は?

 

映画「居眠り磐音」は、主演・松坂桃李さんで、佐伯泰英氏の時代小説を、本木克英監督が映画化したものです。

 

 

あらすじは

 

江戸で浪人暮らしを送りながら、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く主人公・磐音が、時に下町の人々とあたたかく交流し、時に悪を颯爽と斬る姿を描く。

 

とされており、松坂桃李さんの最新作とあって期待が高まっていた作品です。

 

 

ピエール瀧容疑者の役柄は、関前藩国家老・宍戸文六役とされており、ウィキペディアによれば、

 

かつては藩中興の祖といわれる切れ者であったが、年を経るにつれ頑迷になり、失政が目立つようになる。材木の転売で財政を救おうとするが、江戸の大火で材木が全焼、逆に巨額の負債を抱え込んでしまう。改革派であった坂崎磐音、河出慎之輔、小林琴平らによる藩政改革を恐れ、姦計を策して仲間割れをさせる。後に自害。

 

と紹介されており、現在の芸能界を転落してしまったピエール瀧容疑者とダブってしまうところもあります。

 

映画ではやや意地悪なキャラクターと言えるでしょう。

 

広告




 

ピエール瀧の代役は誰?

 

ピエール瀧容疑者の宍戸文六役の代役は後日発表とされています。

逮捕のニュースを受けて早速、短期間で撮影まで持っていける俳優探しに奔走したのではないでしょうか。

 

代役になるのか気になります。

 

渋みのある演技のできる中堅俳優が抜擢されるでしょうが、そのほかの番組の代役ではありますがピエール瀧容疑者の代役としては様々な名前が挙がっています。

 

 

 

何れにしても、代役に選ばれた方は計り知れないプレッシャーに打ち勝つ器が必要ですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告