【麻雀放浪記2020】白石和彌監督がピエール瀧容疑者についての過去ツイート『勇気ある決断』(2019.3.20)

コカイン使用容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者が出演している映画『麻雀放浪記2020』が予定通り公開されることが東映と監督の口から発表されました。

 

大英断と賞賛されている、白石和彌監督の画像や経歴、過去のツイートについて確認します。

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




ピエール瀧容疑者出演『麻雀放浪記2020』公開決定

コカイン使用容疑で逮捕された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者が出演していた映画『麻雀放浪記2020』について、製作配給元の東映と、白石和彌監督が、予定通りの公開を発表しました。

 

ピエール瀧容疑者が出演しているドラマや映画が次々に編集されていく中、編集せずに公開されることに映画ファンから賞賛の声が上がっています。

 

ただ、テロップなどで明示するとはいえ、色眼鏡がかかった状態で見るファンが多くなることは明らかで、元映画に関心がない方もピエール瀧容疑者見たさに劇場に足を運ぶ可能性も大きそうです。

東映は20日、麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演している映画「麻雀放浪記2020」について、当初の予定通り4月5日から劇場公開すると発表した。場面のカット、再編集はせず、本編開始前にテロップ(字幕)で瀧容疑者が出演していることを明示し、劇場に掲出するポスターに同様の文言を掲載するという。 

多田憲之社長と白石和彌監督が記者会見し発表した。多田社長は「スタッフや出演者が総力をかけたものをボツにしていいのかという思いがあった。株式会社としてのコンプライアンスも考えたが、映画会社としての責任についても議論し、皆さんに説得しようという結論になった」と話した。白石監督は「薬物犯罪を許してはいけないが、作品と個人の犯罪は別ではないかという考えもあり、今は公開できることにほっとしているのが正直なところ」と思いを述べた。 

見たくないという観客には前売り券の払い戻しに応じるという。公開後のDVD化など今後の対応については、出資会社などで作る製作委員会との協議を続けており、瀧容疑者側への損害賠償請求についても検討しているという。
<引用元: 毎日新聞>

広告

白石和彌監督の画像とピエール瀧容疑者の関係

 

白石和彌監督は北海道出身で現在44歳です。

 

これまで、

 

『凶悪』(2013年)
『日本で一番悪い奴ら』(2016年)
『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)
『止められるか、俺たちを』(2018年)
『孤狼の血』(2018年)

 

と映画に携わってきており、昨年は2年連続のブルーリボン賞(監督賞)を受賞という快挙も成し遂げ、出演していた松坂桃李さんも助演男優賞を受賞するなど注目の監督です。

 

 

その涙ぐんだ表情からは、ピエール瀧容疑者への怒りと作品への愛情が同時に感じ取れます。

 

これまでにピエール瀧容疑者とのかかわりは深く、白石和彌監督作品でのピエール瀧容疑者の演技を絶賛するファンも少なくありません。

特に『凶悪』という作品を押す方が多いようです。

 

 

 

一部のコメントでは、批判的なものもありますが、過去のツイッターでは、ピエール瀧容疑者に関してツイートしていたこともあり、本当に信頼していた関係だったのだろうと感じさせられます。

 

 

このツイートだけで、白石和彌監督とピエール瀧容疑者の関係性が分かるような気がします。

 

今はまさに「バカヤロウ!」という気持ちでしょう。

広告




 

ネット上では映画ファンから賞賛の声

 

ネット上では、映画ファンを中心に大英断だと、白石和彌監督の決断を賛美する声が多く挙がっています。

 

広告

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告