【殺人事件】家庭裁判所で犯人画像と手荷物検査されなかった理由 バタフライナイフ3本(2019.3.20)

東京・霞ヶ関家庭裁判所内で離婚調停中の妻が外国人に刃物で切り付けられ心肺停止、死亡する殺人事件が発生しました。

 

逮捕された外国人の夫や事件の画像、家庭裁判所内の持ち物チェックセキュリティチェック)で引っかからなかった理由を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




家庭裁判所内で離婚調停中の妻が夫に切り付けられる

東京・霞ヶ関で殺人事件が発生しました。

 

被害者と加害者(犯人)は夫婦関係で、離婚調停中の妻を外国人の夫が切りつけたということです。

犯人(夫)は手首を切って自殺を図ったようですが、身柄を確保されています。

 

20日午後3時20分ごろ、東京都千代田区霞が関1丁目の東京家庭裁判所の1階建物内で「女性が首を刺された」と110番通報があった。警視庁によると、女性(31)が首付近を刃物で刺され、心肺停止の状態で病院に搬送された。警視庁は、女性の夫で、米国籍の男(32)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。2人は離婚調停中だったという。

丸の内署によると、夫は事件後に逃走したが、近くの日比谷公園内で身柄を確保された。確保時にはナイフを少なくとも3本持っていたという。逃走中に捨てたものもあったという。夫は自分の両手首を切り入院した。命に別条はないという。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

広告

 

犯人の夫画像と手荷物検査で引っかからなかった理由

 

犯人の夫は、32歳の外国人の男性で一部報道では白人男性とされています。

 

現在までに、顔や姿の画像は公開されていませんが、目撃者によれば、この犯人(夫)が妻に襲い掛かってその後逃走したと言うことです。

 

その後の報道で、死亡した女性(妻)は、埼玉県所沢市元町の職業不詳、ウィルソン香子さんだと報じられていますので、この夫もウィルソン氏という名前であることは間違い無いでしょう。

 

 

事件が発生したのは、東京家庭裁判所の1階ロビーだとされています。

 


東京家庭裁判所のホームページに寄れば、平成25年10月1日より金属探知機を用いた手荷物検査が行われているようです。

 

所持品検査では刃物等(はさみ,カッター又はカミソリなど)の危険物は,退庁されるまで裁判所でお預かりさせていただく場合がありますので,そのような危険物は裁判所にお持ち込みにならないよう御協力ください。

<引用元:東京家庭裁判所ホームページ>

 

この犯人の夫はも当然ながら検査を受けるはずですが、その手荷物検査に引っかからなかった理由として、

 

夫が裁判所の手荷物検査場前で待ち伏せし、現れた女性に襲いかかったとの目撃情報があるという。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

としています。

2人とも離婚調停のために訪れていたはずですが、夫は手荷物検査があることを知っていて入らなかった可能性が高そうです。

 

離婚調停で複数回訪れることで知っていたのでしょう。

広告




 

犯人の夫の殺意がすごい

 

犯人の夫は、目の前にある日比谷公園の南端にある内幸町交番付近で身柄を確保されています。

 

夫の身柄確保時の所持品として、「ナイフを少なくとも3本持っていた」とあります。

またこのナイフはバタフライナイフだという情報も出ています。

リュックの中にはガソリンのような液体の入ったペットボトルが数本入っていたということですから、状況によっては火を放とうとしていた可能性が高いです。

 

犯人の夫にとってこの日は、殺す気持ちしかないと言われてもおかしくないくらい殺意に満ちた所持品といえます。

 

 

ナイフで刺された妻のご冥福を祈りたいと思います。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告