【虐待】小4女児にアイロン投げ骨折させ逮捕の母親画像と父親は?児童相談所が保護(2019.3.22)

大分県杵築市で、小学校4年生の女児(長女)にアイロンを投げつけ頭を骨折させたとして母親が逮捕される虐待がありました。

 

母親の画像や、父親はどこにいたのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




小4長女にアイロンを投げつけ骨折させる

 

 

大分県杵築市で、耳を疑うようなが虐待が発生しました。

 

小学4年生の長女に、アイロンを投げつけ頭を骨折させた容疑で母親が逮捕されました。

30歳の若い母親ですが、容疑は否認しており、長女は児童相談所が保護したということです。

 

 

小学4年の長女(10)にアイロンを投げて頭の骨が折れるけがを負わせたとして、大分県警は22日、同県杵築市の看護助手の母親(30)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。ほかに目立った外傷はないが、日常的な虐待があったかについても調べる。

杵築日出署によると、母親は2月17日ごろ、自宅で長女にアイロンを投げつけ、頭の骨が折れるなど約2週間のけがを負わせた疑いがある。

署や県によると、一家は両親と長女の3人家族。県中央児童相談所に同月18日朝、医療機関から虐待の疑いで通告があった。児相は18日午後、長女を職権で保護し、19日に「虐待の疑いがある児童がいる」と署に通報した。長女は、児相や署、自治体でつくる要保護児童対策地域協議会で情報を共有する対象ではなかった。

<引用元:朝日新聞デジタル>

 

広告

 

アイロンを投げつけた母親の画像は?

 

これまでに逮捕された母親について分かっていることは以下の通りです。

 

  • 名前:不明
  • 年齢:30歳
  • 住所:大分県杵築市
  • 職業:看護助手
  • 家族構成:夫と長女の3人家族
  • 逮捕容疑:傷害

 

 

現在までに逮捕された母親の画像などの情報は確認されていません。

30歳と若い母親で、看護助手という病気やけがをした人たちのために働く職業でありながら、自身の子供に骨折というけがを負わせたのが事実であれば残念でなりません。

 

犯行動機も否認のため明らかではありませんが、何かにカッとなって衝動的に行動に出てしまったのではないでしょうか。

広告




 

長女の父親はどこにいた?

 

これまでのところ、父親についてはまったく報じられていません。

この事件には関与していないと言うことだと思いますが、逮捕された母親は父親(夫)の居ない場所での犯行だったのでしょうか。

 

仮にその場に父親がいれば、アイロンを投げつける行為を止めることができたでしょう。

事件が起きた2月17日は日曜日ですので、父親も疲れを取るため、または家族サービスで長女と過ごしていた可能性はありますが、たまたま不在だったのか、入浴などたまたまその場に居合わせなかったなどが考えられます。

 

いずれにしても長女のけがの回復と、親子関係の修復を願いたいところです。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告