【熊本】マリア幼愛園の暴言録音データは聞ける?口コミで『なっていない』と悪評も(2019.3.26)

熊本市中央区の認可保育所「マリア幼愛園」の保育士が園児に対して暴言や叱責を繰り返していた事が明らかになりました。
 

 
発覚のきっかけとなった録音内容や、かつての保護者の口コミを確認します。
 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




熊本・マリア幼愛園で保育士が暴言や叱責


 

 
熊本市中央区の認可保育所「マリア幼愛園」の女性保育士が、園児に対して、暴言や叱責を繰り返していた事が保護者が忍ばせた録音データで明らかになりました。
 

 
過去にも市から指導されるなど、改善がなされていなかったという事ですが、保護者も通わせ続けるべきなのか心配なところでしょう。
 

 

熊本市中央区の認可保育所「マリア幼愛園」の一部の保育士が、複数の園児に暴言や長時間の叱責(しっせき)などを繰り返していたことが、市と園への取材でわかった。約4年前から続いていたという。市は児童福祉法に基づく改善勧告なども検討している。城明子園長は朝日新聞の取材に「改善されなかったのは、私の力不足。保護者との信頼回復に努めたい」と話した。

市保育幼稚園課と園によると、3歳以上の園児を担当する30~40代の女性保育士3人が、忘れ物をしたり、歌を覚えられなかったりした子どもを、空き部屋に連れて行って長時間しかるなどしてきた。

市は昨年7月に保護者から苦情を受け、園を運営する社会福祉法人「聖マリア会」(熊本市東区)や園長らから4、5回にわたり事情を聴き、保育士による園児への行きすぎた叱責を確認、口頭で指導した。だが昨年末、子どもの様子に異変を感じた保護者が子どもの服に録音機を忍ばせて確認すると、泣きじゃくる幼児に「うるさい」「早く寝なさい」などと激しい口調で少なくとも20分以上責め続ける女性の声と「ドン」という大きな音が複数回録音されていた。

保護者は今年1月、この音声データを市と園に提出し、関係者の処分と保育の改善を要求。園は2月下旬に保護者会を開き、音声が保育士のもので、大きな音については園児を「押している音」と説明した。

園は保育士への聞き取り調査の結果も公表した。それによると、特定の園児に給食の皿を投げて渡す▽いすから引きずり下ろす▽イライラして子どもにあたる▽「何回も聞かんで!」「さわらんで!」と強く言う▽怒られた子を外に連れ出す。謝ろうとしても寄せ付けず、閉め出す――といった、約30項目の不適切な行為を確認した。

<引用元:朝日新聞デジタル>

広告

録音データの内容は聞ける?

 

 
問題が発覚したマリア幼愛園は、熊本市中央区にある保育施設です。
 

 

 


 

 
今回の暴言・叱責の発覚は、保護者が子供に録音機を忍ばせたとしています。
 

 
録音データは市と園に提出されているということで、現時点では内容を聞くことは出来ないようです。
 

 
ただ、今後問題が大きくなるようであればワイドショーなどで取り上げられて音声入手される可能性も否定は出来ません。
 

 
マリア幼愛園ではモンテッソリーニ教育を掲げています。
 

 

モンテッソーリ教育は、医師であり教育家であったマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法です。
「子どもには、自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」の存在がモンテッソーリ教育の前提となっています。歩くことを教えなくても、歩こうとしたり、積極的に環境に関わりながら様々な事柄を吸収していったりする姿は、子ども自身が自立に向かって、成長・発達していこうとする姿のあらわれといえます。この内在する力が存分に発揮できる環境と、自由が保障された中で、子どもは自発的に活動を繰り返しながら成長していきます。

モンテッソーリ教育の目的は、「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。その目的を達成するために、モンテッソーリは子どもを科学的に観察し、そこからえた事実に基づいて独特の体系を持つ教具を開発するなどして教育法を確立していきました。その教育法の確かさは、現代の大脳生理学、心理学、教育学などの面からも証明されています。

100年以上経った今でも時代や文化の違いを超えて世界中で支持され、現在世界140以上の国にモンテッソーリ実践園が存在しているといわれています。そしてその実践の中から世界をリードする人々が数多く育ってきています。

<引用元:モンテッソーリ教育綜合研究所>

 

 
少なくとも問題時のマリア幼愛園は、モンテッソリーニ教育は果たせているとは言えないでしょう。
 

 
もしも、「ドン」という音が園児を押したのかについても状況によっては暴行と取られる可能性も否定できず、女性保育士には感情的にならずに保育業務を全うして欲しいところです。
 

広告




 

口コミや評判は悪かった?

 

 
マリア幼愛園で検索を試みると、幼稚園や保育園の口コミサイトに気になる投稿が寄せられています。
 

口コミ

 

 
保護者から「なっていない」とはっきりと評価されているあたり、園長含め保育士の方々は反省と再発防止をしなければならないことは言うまでもありません。
 

 

 


 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告