【荒川】屋形船火災の所有会社は足立区の会社?原因は天ぷら油か『濱田屋って船腹に』(2019.3.27)

東京足立区の荒川で屋形船から火が出る船舶火災が発生しました。

 

屋形船の所有会社と、原因を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




荒川で屋形船が火災 乗員は脱出

東京・足立区を流れる荒川を航行していた屋形船火災に見舞われたことが報じられました。

 

屋形船全体を覆う炎と黒煙を収めた画像のツイッター投稿が相次いでいます。

 

 

東京・足立区の荒川で、屋形船から火が出て、27日午後5時半現在も延焼中。

27日午後5時すぎ、足立区千住曙町の荒川で、屋形船が燃えていると119番通報があった。

午後5時半現在、東京消防庁による消火活動が行われている。

乗員4人が自ら脱出して無事だという。

東京消防庁は、逃げ遅れた人がいないか調べている。

<引用元:FNNニュース>

 

広告

火災が発生した場所と原因は?

火災が発生したのは、東京都足立区千住曙町の荒川だとされています。

 

 

原因については、まだはっきりしていませんが、一部の情報では天ぷら油からの出火ではないかと言われています。

屋形船は船内で料理を楽しめるプランもありますので、当然ながら火を扱う以上火災のリスクは無くなりませんが、一度火災が起きてしまうと、脱出経路がないということが今回の火災で再認識できました。

 

いずれにしても火災の原因は警察や消防の発表を待つしかないようです。

 

広告




 

屋形船の所有会社は濱田屋?

 

NHKは、

 

火災が起きた屋形船を運営する東京 足立区の会社はNHKの取材に対し、「弊社が所有する船が火事になっていると聞いていますが、詳しいことは現在確認中です」と話しています。

屋形船を運営する東京 足立区の会社のホームページによりますと、全長30メートルで80人が乗り込める大型の屋形船や、座敷タイプのものなど、合わせて3隻の屋形船を用いているとされています。貸し切りや乗り合いのプランが用意され、船内で料理を提供するものもあるとされています。

<引用元:NHKニュース>

 

としており、足立区の会社であることがわかります。

 

インターネット上で「荒川 屋形船」と検索すると、複数の会社が出てきますが、足立区の会社は1件しか確認できません。

現時点では、この会社の所有屋形船なのかは判明していませんが、ホームページは繋がりにくくなっています。

 

検索結果

 

食べログなど、グルメサイトでは、立派な船内と豪華な料理が紹介されており、

 

お料理は、専属の料理長による季節替わりの特選会席料理。スタイルは、きれいな畳敷きのお座敷船のほか、イス+テーブルスタイルの屋形船もあります。設備も最新鋭、パウダールーム完備の女性専用トイレや、車いす対応の船も。また、屋形船に少人数で乗れる「乗合屋形船」を大増発中。お友達やご家族、ご夫婦やカップルで気軽にお乗りいただけます。貸切のご宴会も大人数OK。くらべて選んで「納得」のお時間をお約束いたします。

<引用元:食べログ>

 

と、サービスもしっかりされていることがわかります。

 

ネット上では濱田屋ではないかとするツイートが目立ちます。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告