【画像】元号『令和』の文字(墨書)を書いた人(書家)は誰?会見直前に書いた?(2019.4.1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平成31年(2019年)4月1日に新しい元号『令和』が発表されました。

 

菅官房長官が手に持っていた『令和』の元号の文字(墨書)を書いた人(書家)は誰なのか画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




新元号は『令和』と菅官房長官が発表


遂に、新しい元号新元号)が『令和』であると菅官房長官により発表されました。

 

平成の記者会見の時と同様、会見の様子が歴史に刻まれていくことでしょう。

新しい元号にしっくりくる方、違和感ある方様々であることは仕方ないですが、5月1日から元号がもたらす新しい時代に希望を持ちたいものです。

 

 

政府は1日、新元号を「令和(れいわ)」と決定した。1日午前、元号案について各界の代表者からなる有識者懇談会と衆参正副議長、全閣僚から意見を聞く手続きに着手した上で、改元に関する政令を閣議決定した。天皇陛下が政令に署名され、同日中に公布される。皇太子さまが新天皇に即位される5月1日午前0時に、「平成」に代わる新元号「令和」が施行される。4月30日に退位される天皇陛下は「上皇」となる。
<引用元: 毎日新聞>

 

[adcode]

菅官房長官が持っていた『令和』の文字を書いた人(書家)は誰?

 

菅官房長官が元号の発表時に手に持った『』の達筆な文字を書いた書家なのかが気になります。

すでに、発表時の墨書は公文書として保管されることが発表されています。

 

 

 

速報レベルでは、文字(墨書)は誰が書いたのか、書家については明らかにされていません。

 

日本で有名な書家といえば、

 

  • 武田双雲
  • 紫舟
  • 中塚翠涛
  • 涼風花
  • 柿沼康二

 

などいらっしゃいますが、これらの書家の方々はいずれも若く今回のような国の元号を任されるのかどうかは不明です。

また、後述しますが文字を書いたのは漏えい防止のために発表会見の直前であった可能性も否定できません。

 

フジテレビでは、早速スタジオで女性の美人書家の方が書き初めを披露していました。


政府からの発表を待つしかなさそうです。

 

令和を書いた書家は茂住修身さんか(追記)

 

令和を書いた書家について、FNNが茂住修身さんを直撃しています。

 

茂住修身さん画像

 

名前:茂住修身
学歴:大東文化大
所属:内閣府大臣官房人事課辞令係
役職:辞令専門官

 

直撃に対し、

 

「言わなくてわかると思うけど今はごめんなさい」

 

と答えており、後述の河東純一さんん後輩だとされています。

辞令専門官は字を書くことを専業としているようです。

 

広告




 

平成の文字を書いた書家は河東純一さん

記憶に残っている、小渕官房長官の「平成」の発表会見。

 

あの「平成」の文字を書いたのは、河東純一(かとう じゅんいち)さんという、元官僚で総理府(現内閣府)の辞令専門官などを務めた書家だと言われています。

 

 

こうして前例を確認してみると、政府に何らかの関わりがあった方が書家として選ばれるのかもしれません。

 

また、河東純一さんのエピソードとして、このようなツイートもあります。

 

 

元号の情報が外に漏れないために、書家の方は隔離でもされているのかもしれませんね。

 


最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*