【画像】新宮町・県道に勝手に停止線引いたのは立花小学校の校長?理由に賛同の声も(2019.4.19)

福岡県新宮町立小学校の校長が、学校そばの県道に勝手に停止線をひいたとして書類送検されました。

 

停止線が引かれた場所と小学校は立花小学校なのか、また、教育員会への説明と警察への供述が異なっている点について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告




新宮町立小学校の校長が県道に勝手に停止線を引く

 

福岡県新宮町の町立小学校校長が、県道に勝手に停止線を引いたとして書類送検されていたことが報じられました。

 

理由はともかく、県道に停止線を引くことに抵抗や他の職員の制止はなかったのかも疑問に残りますが、小学校の敷地内に対策を施すことができればその方が良かったとは思いますが、自身の都合で公共の部分に手を出してしまったのはまずかったでしょう。

 

福岡県新宮(しんぐう)町の小学校前の県道に停止線に似せた白線を引いたとして、福岡県警が昨年7月、校長(50歳代)を道交法違反(道路における禁止行為)容疑で福岡区検に書類送検していたことが、捜査関係者への取材でわかった。校長は福岡簡裁に略式起訴され、同8月1日付で罰金4万円の略式命令を受けた。

現場は、小学校に通じる小道と県道の合流部。捜査関係者によると、近くの交差点が赤信号の時、合流部まで信号待ちの車が連なることがあり、校長は昨年3月、合流部を挟んで交差点から約15メートル手前に、スプレーの塗料で勝手に白線を引いた。校長は町教委に対し、「(坂道下の)県道に出ようとした際にスリップしたと職員から聞き、県道の車に衝突する危険があると思って(白線を)描いた」などと説明したという。

<出典:読売新聞>

 

広告

停止線が引かれた場所と小学校の場所は?

問題の停止線が引かれたのは、新宮町立の小学校と接合する県道で、記事の画像からは、交差点付近で赤い道路であること、小学校から下りのスロープがあることが確認できます。

 

新宮町立小学校で該当しそうな小学校としては立花小学校がありそうです。

 

 

上記の画像が、記事の画像とも酷似しており、立花小学校の可能性は高そうです。

ちょうどスロープが合流する直前(塀の末端辺り)に停止線を引いたようです。

 

立花小学校ホームページ

 

少なくとも上記のストリートビューが撮影された当時は引かれてなかったようですね。

広告




 

停止線を引いた理由に賛同する近所の声も

 

書類送検された校長は、教育委員会に対し

 

「(坂道下の)県道に出ようとした際にスリップしたと職員から聞き、県道の車に衝突する危険があると思って(白線を)描いた」

 

と、事故の危険性から停止線を引いたことを説明しています。

九州朝日放送では、

 

近所の人は「小学生が走ってくるから危ない。私はあった方がいいと思う。勝手にすることは良くないということは分かっているけど子どものためにはいいと思う」と話していました。

<引用元:九州朝日放送>

 

と報じており、違反行為ながら近所の方も賛同する声があったことを報じています。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告