【池袋事故】運転手・飯塚幸三が起こした事故の6枚の時系列画像 距離が長い(2019.4.20)

親子の死亡が確認された池袋事故で、プリウスを運転していたのは87歳の飯塚幸三さん(クボタ元副社長)であることが報じられました。

 

飯塚幸三さんが事故を起こした場所の6枚の画像を時系列で確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








プリウスを運転していたのは飯塚幸三さん(元クボタ副社長)

4月19日に池袋で発生したプリウスの暴走多重事故で、運転していたのは元クボタ副社長の飯塚幸三さんであるとメディアで報じられました。

 

最近は実名報道が伏せられがちで、報じられたことで家族や親族への誹謗中傷被害が心配されますが、自身も運転を心配していたようで今回の事故が悔やまれます。

 

東京・池袋で19日昼、87歳の男性が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した。運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる意思を示したことがあったという。

飯塚さんと同じマンションの住人男性は今年、飯塚さんが駐車場にうまく車を止められず、前後に何度も動かす様子を見たという。「奥さんが外に出て『もっとハンドル切って』などとやっていた」。男性は「事故を心配していた。ショックです」。飯塚さんは1年ほど前、男性に「運転をやめる」と話していたといい、最近は足を悪くし、杖を使って外出していたという。関係者によると、飯塚さんは旧通産省の元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていた。

目撃者は事故前後の様子を証言した。

午後0時20分すぎ、近くの自動車販売店に勤務する女性(24)は、「キーッ」というタイヤと路面がこすれるような音を聞いた。店内からガラス越しに、シルバーの乗用車が走っていくのが見えた。「警察にでも追われているのかと思うほど、スピードが出ていた」

近くに住む会社役員の男性(26)によると、乗用車はごみ収集車と衝突し、2~3メートルはね飛ばされた。区内の美容師の女性(33)は飯塚さんについて「運転席から救急隊員が2人がかりで引っ張り出していた」と語った。両脇を抱えられながら力なく歩いていたが、意識ははっきりしているように見えたという。

現場近くにいた千葉県松戸市の団体職員の男性(39)は、道路上で複数の人が負傷し、交差点の真ん中で幼い子どもが自転車の後部座席に収まった状態のまま倒れているのを見た。自転車は真っ二つに壊れていたという。「事故の衝撃で吹き飛ばされたんだと思う。自分にも同じ年頃の子がいる。言葉にならない」と話した。

<出典:朝日新聞デジタル>

【ドラレコ】池袋事故の瞬間の防犯カメラ動画がヤバい 原因は運転機能の低下?(2019.4.19)

【豊島区南池袋】プリウスとゴミ収集車多重事故の血痕画像が悲惨 日出町第二公園交差点(2019.4.19)

広告

【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

事故を起こした場所の画像を時系列に

 

飯塚幸三さんが起こした事故は6回(6カ所)になります。(朝日新聞デジタル画像を元に)

その現場を6枚の画像で確認します。

 

1 ガードパイプに衝突(この付近か)

 

 

2 自転車の乗った男性をはねる

 

 

3 自転車の母子をはねる(死亡)

 

 

4 ゴミ収集車と衝突

 

 

5 歩行者4人をはねる

 

 

6 トラックにぶつかり停止

 


時系列で確認すると、その事故の現場の広さがわかり異常事態であることが再認識できます。

 

 

広告




 

ネット上には怒りの声も多数

 

飯塚幸三さんは、元クボタ副社長だけでなく輝かしい経歴もあると報じられていますが、その経歴とはあまりにもギャップがありすぎる今回の事故に、ネット上では厳罰を求める声も少なくありませんが、まずは事故の原因がなんなのか。警察の調べを待つしかなさそうです。

 

広告

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告